「歴しニア」のこぼれ話—我が国の始まりは、東亜地中海の畔(ほとり)

当サイトをご覧の方は既にご存知ですが、標題の内容をFacebook Nara Akiraに投稿提起しました。(本記事の字の何故かの濃淡は意味ありません。facebookに加えた分です。)

4万年前頃、海水面は数十m低く東アジア平野があり、我が国により囲まれた東亜地中海の畔で海産物を主に食す「海の民」が育んだ暮らしが原点です。

我が国へは外海を越えて、容易でない操舟による幾つもの家族の渡来が必要でしたので。例えば、沖縄の糸満の人たちやアリューシャン列島のアレウトの人たちの海の民として生きる、今に伝える厳しい鍛錬の痕跡からも窺がえます。

さて、始まりの主ルートは、上図の①台湾正面から八重山Bか、更に北上して②北部東アジア平野から北・北西九州Aか、我が国への一番乗りは大変興味あります(いずれも町興しに宣言出来ます。肯定も否定も学者先生はしないでしょうから)。

トカラCは、当初の学説では動植物状況から島での持続的な生活は厳しかっただろうと言われましたが、その後、植生状況も良くて暮らせただろうということのようです。

厳しい黒潮流越えがありますが、あり得たかもしれませんね。この場合は、南九州は有明ルートでなく南西諸島ルートとなり、かつ、相当の外洋航海力があったことになります。

3万年以前に伊豆神津島の黒曜石取りに渡海し頻繁に行き来できてますので、「海の民」の実態は大変興味深いことです。

主ルートは、渡海の難易や現在発見されている旧石器時代の遺跡状況などから、個人的には後者の図Aからかなと考えますが、実はたいした問題ではないでしょう。

いずれにしろ今と全く違って緩やかに歴史が流れていたあの時代、畔は似たような肌の黒い小柄な人たちによる似たような海辺・川辺の暮らしぶりでしたので、まずは九州に拡がっていった始まりの日本祖人像に大きな違いはなかったことでしょう。

決め手は、東亜地中海のほとりの「海の民」の暮らしぶりでしたので。

その後、日本列島の今よりも拡がっていた沿岸地域を北上して行って、約1万年かかって北海道太平洋岸に至ってますが、後半の寒冷降雪に慣れるのに時間を要したのでしょう。

つまり、3万年前頃、我が国ほぼ全域の沿岸地域で、外洋の渡海を果たした当時としては高度の知識・技能を有する「海の民」・子孫を主とする我が国の原風景が形成されたことが重要です。

真の遺跡は海中ですが、島や沿岸に残された古い遺跡から窺がい知れます。黒曜石産地で豊富な遺跡群でも有名な遠軽町白滝、その古さから日本祖人が大平洋岸の十勝、釧路の方から回って行ったものと考えています。

実はこれらのことは、大陸内部で大型哺乳動物を狩猟する人たちの生活との対比において大変重要な意味を有するものと考えています。DNAの変化問題もありますし。

さて、南から更に人の流入が続いている中、2万年前頃には大型哺乳動物を狩猟する人たちが陸続きの北海道へも稚内から南下して入って来ました。

この狩猟民族は、当然にして西からも入って来てますので大きな変化をもたらしました。

温暖化した状況での1.65万年前頃からは縄文時代と呼ばれていきます。何故、こんなに古い時代に日本で土器が登場したのか? 私は、温暖化によって生ものが腐りやすくなった、採集植物と組み合わせした、煮炊きが契機なのではと思っています。

そして当時の世界的なグルメだったのではないかと。

2.9万年前頃の南九州の姶良大噴火は、始まりの頃の日本祖人の生活に実に大きな痛手を与えた日本祖代の誠に残念な大事件でした。しかし、この大苦難を乗り越えたことは良い影響もあったと言えるかもしれません。

その後も、種々の人々が主に海を越えて入って来て海辺・川辺から全域へと文化が積み重ねられ熟成されていった長い長い独特の歴史です。

恵まれた日本列島に南・西・北から人が入ってきますが、通過して東の太平洋にどんどん流れていくことの無い、基本的には溜まる一方と言ってよい熟成という点が他所と異なる国柄を作った大きな特色と考えます。

まあ、このくらいの事は、子供たちに教えて良いのではないでしょうか。仮に大きく違う遺跡が発見されるようなら修正すればよいですから。通説を覆した驚きの三内丸山遺跡による縄文時代観の大修正も学界は行っていますから。

奇しくも建国記念日に記述しました。

https://youtu.be/BGrhO1ntyYo

(了)

「歴しニア」の報告 https://youtu.be/BGrhO1ntyYo
何故、ブラジルの11,500年前の古い女性Luzia人骨に関し、諸説ぼんやりではっきり説明されないのか?

それは、東南アジア―日本列島―千島列島―カムチャッカ半島東岸ーベリンギア地峡南岸ーアメリカというルートを考古学的な遺跡・遺物をもってはっきり実証できないからでしょう。

そうであっても、始まりと終わりや断片証拠から理論的に説明すればよいのにと「歴しニア」は考えます。証拠が見つかって必要があれば修正すればよいと。

そのことに加えて次のような点があるからなのではと考えています。

①4-3万年前の日本列島全域にわたる豊かな旧石器遺跡群に対する認識が乏しい事、②北海道太平洋岸からBeringia地峡の南岸回りは実は想像に反し、最も寒い冬の気温があまり変わらないとの認識が乏しい事。

そして、日本祖人が北海道太平洋岸の冬の衣食住生活に慣熟してからアメリカへと、食料に恵まれた地域を拡がって行った。

また、北海道に至る前に既に伊豆の神津島に舟で行き来して黒曜石を採っているなど熟練の「海の民」だった、などという事も。

当時の気候、寒暖の変化は今では想像が出来ないくらい揺れ動いていましたので、動植物の状況などに関して確かにはっきりしない所はありますし、何しろ期待される遺跡は海水面が数十m以上上昇したことで海・川中であるので実証が困難なことです。

特に、Beringia地峡によって北極海の冷たい海水がベーリング海に流れ込んでいませんでしたのでその影響がどうであったのかということが有ります。

しかし、既にこのサイトでは説明してきましたが、状況を推測すれば一応渡って行った可能性があったと言えると思います。

やはり、欧米の人たちに日本の旧石器時代の状況の認識が不十分なのではと感じます。

また、明らかに広範な諸学の共同研究を必要としますので、組織化や予算の面で説として打ち出すまでのものが難しいのでしょう。

それでも、子供たちに縄文の遥かに前の4万年前、文字通り我が国の始まり、開闢はこんなだったと思われると教えることは重要だと考えます。

というのは島国のため、生活習慣や精神風土が、4-3万年前にしっかり原風景が形作られてその後も外から次々に入って来るものを途切れることなく受け継ぎ、熟成してきたものと考えるからです。

(さて、欧米の人はまさか、ロンドン子午線の地図を見て育ってるんで、最右と最左の両端繋がりなんて思い至らないよとは言いませんよね。冗談ですが。)

Luzia was similar to Negroid, not to Native Americans, neither to Siberians, Eskimos. It seems that the migration route was Pacific Ocean rim (RLPP theory).
Ancient historical situation of Japanese Archipelago and around Beringia supports the theory.

(了)

 

 

 

「歴しニア」の報告 https://youtu.be/BGrhO1ntyYo

比、ニューギニア、マレー、アンダマン諸島等に居る肌の黒い大昔の古い種族と同様の種族が、初めて欧州人が米加州西海岸に来た頃(16世紀、おそらく19世紀初頭までは)、エスキモーや近隣北部のインディアンと全く異なる古い暮らしぶりでひっそり居ました。(以下、Chris MacNab:The Native American Warriorを参考に)

アラスカからカリフォルニアに至る細い沿岸地域の人たちは、はっきり内陸の人たちと違っていたようです。

18世紀末のスペイン人が、その太平洋岸海岸線に沿って伝道所を次々に設立しましたが、持ち込んだ伝染病によって大量の先住民が亡くなっています。大変痛ましい残念なことでした。

さて、万年前に東南アジアから加州に大平洋を直路、あるいはアフリカから大西洋をアメリカ・西海岸にまで渡ることは歴史的に考えられず、日本列島~千島列島~カムチャッカ半島東岸~ベーリング地峡南岸経由の南下と考えられます。

一般に米Nativeインディアンはシベリアからとされてますが、シベリア内陸~東部における長期の寒冷降雪地適応による変型を考えれば黒い肌は考えられません。多くの欧州人は、8千年くらいで白くなったと言われています。

下写真の米加州祖人は、4万年前頃、南から北海道太平洋岸に拡がって行った(3万年前頃)我が国始まりの「日本祖人」の子孫であり、逆に我らのご先祖は、身長・顔つきなどはともかく(江戸の子より今の子は長身)、肌の黒い人だったことになります。

そして、南米アマゾンにまで拡がりました。海水面数十m以上の上昇でその生活痕跡は殆どが海・川中ですが。Original black people of Africa prevailed to Sundaland, Japanese Archipelago, Beringia and California, then to Amazon.

 そして、昔を伝える肌の黒い人たちを描いたこの一枚の絵から、現生人類の展開に関する諸状況を考察しますと、日本列島経由説は理論的に無理なく(https://youtu.be/BGrhO1ntyYo)理解しうるものと考えます。
(了)

前回は、現生人類が出アフリカを果たし東進後の古い東南アジアSundaland地域の当時の人々のDNA(今は大分違います)と南米アマゾンの古い部族のものが他のどこよりも近いということから、北海道からアラスカ南部に至る進入のルートと時期について、結論的に当サイトの仮説(下図、2.5万年前頃でその時期の海岸線沿い)を紹介しました。

結論的に言いますと、寒いベーリング海地域を越えれたのかという一番の問題について、①沿岸地域の気温に着目しますと実は思いのほか状況が北海道太平洋岸(道内最古の遺跡)と差があまりない。従って、地図を敢えて北海道とベーリング海域を近くしています(実は思いのほかもっと近いのですが、図が分からなくなりますので)。

②日本列島の北上がとても良い準備行動となっていた。③進出して行く行程と当時の寒期・緩和期の状況が、納得できるマッチしています。

更に幸いにも、北海道~シベリア東端沿岸 と アラスカ~米国北西海岸は、図の真ん中(ベーリング海峡部~ハワイ西方)で折れば鏡面対象になっている(大原昌宏・北大総合博物館教授)と言われる、動植物の近似性もあり生活に慣れ易いです。

縄文人が、その土器出現をもって16,500年前頃からと定義されていますので、それ以前に日本列島から米新大陸に沿岸沿いに進出していった人々は、そのまま日本祖人・海人型と言えます。

そして、日本列島に縄文人が出現した以降、既にアラスカを越えて米西海岸から南米の西沿岸・アマゾンへ進出していった人々は日本祖人の子孫であり、縄文人と同時代のポスト日本祖人とでも呼ばれるべきでしょう。

日本列島には、2万年前頃から、寒冷降雪に適応した狩猟系の北方適応型の人々が北(樺太)から西(東アジア平野)から進入して来ていますので、列島であるいはベーリング海地域に留まって暮らしていた日本祖人は、それらの人々に追われたり混血したり棲み分けたりいろいろあったでしょう。

そしてその後は、列島縄文人、千島ベーリング海域は後日本祖人あるいはエスキモー・イヌイット祖人などと呼ばれていくことになります。

南米に進入したポスト日本祖人のごく一部はアマゾンに今も残り、途中の後日本祖人は最早融けて分からなくなっているようです。

さて、

3万年前頃に北海道から北上していった南方海人型の人たちの移動・進出については、基本的にルート上の焦点は、寒さが最も厳しいベーリング海域の沿岸を移動進入する細部ルート・時期になり、下図となります。

通説の人類移動は、発見された遺跡をもとに図のベーリング地峡中央のNativeインディアンのBルートと、少し遅れたと言われるエスキモー・アリュート族のCルートですが、これは既に寒冷降雪地に適応したDNA変化を起こした北方適応型の人々でしたでしょう。

アラスカで最も古い遺跡が見つかってるのは1.5万年前頃のアラスカ・ユーコン川畔のものであり、東方から島々を伝って行ったとみられるアリューシャンでは9千年前の遺跡が発見されています。

この時期は最終氷期最寒冷期LGM(2万年前頃)が終わった後の温暖化期のもので、寒いアラスカや孤立的なアリューシャンで生活し得ていたことはよく理解できます。

ところが問題は、LGMが終わった後のこの温暖期に初めてアラスカへ進入したとすると、遥か南の南米チリのモンテ・ベルデ遺跡に到達し生活した(1.4万年前頃)のが早過ぎ、ましてそれより早いとみられるアマゾン3古部族(南方型)の存在が理解できなくなります。

更に、最寒期にベーリング海域を移動し進入して行ったのもあまりに厳しいです。

従って、最寒のベーリング海地域を経たのはLGMの前の寒冷最緩和期2.5万年前頃が最適であり、北海道太平洋岸(3万年前頃)出発からの移動とLGM前にアラスカ湾の氷床近傍を抜け、南米に到達(1.5万年前以前)していたと考えればトライした多くの人たちのうちの最適な行程が導かれます。(図中の丸青色3万年、2万年は寒い時期、丸橙色2.5万年は寒冷の最緩和期です。)

また、ベーリング海域までは、千島列島経由のαルートとオホーツク海回りのβルートのいずれが早いかが一応考えられますが、南方海人型の移動としては暖かい太平洋岸を北上し得た、距離の短いαルートとしてよいでしょう。

ルート上のこの古い人の生活遺跡は、現在の数十mの海面上昇下で発見されない沿岸地域にあり、人々は後から進入してきた強い狩猟族である北方適応型に追われたりして分からなくなっているのでしょう。

いずれにしましても、米新大陸の中にいくつか渡って行ったとみられる物や時期の不思議な遺物があるにも拘わらずこれまで相手にされてきませんでしたが、このように行程を考えますと、南方海人型の人たちが渡って行ったのだろうと考えられます。

次回は、この米新大陸進入に関わる個々の状況について説明していきます。

(了)

 

 

前回、Harvard医科大が昨年行った南米の3古部族のDNA調査において、同じ南米や北米、更にシベリアなどにも見つからず、古さの残る豪アボリジニやパプア、アンダマン諸島等の人に近く、かつ、直路南米に至ることが考古学的に考えられないので、日本を経由する環太平洋ルートで南米アマゾンにまで子孫が達したと考えられることを紹介しました。

以下説明していきますが、結論的に言いますと、現生人類は出アフリカ後の東進、北上後の4万年前(BP)頃に九州に至り、北上して3万年前頃に北海道太平洋岸に達し、北方冬季の気候・生活環境を経験しました。

渡米が成功し発展したグループは、寒さが緩和した2.5万年前頃に、ルート上の最寒冷のベーリング海域を経てアラスカ南部に達し、最も寒かった最終氷期最寒冷期LGM2万年前頃の前には氷河のない米西太平洋岸に至っていたものと考えられます。

その後は、特に問題なく南下して南米最古の遺跡の形成以前にアマゾン流域に達したと考えられます。

まず、ルート上で一番問題となるベーリング海域を通過する点については、前回、最新の研究からカナダ、北米への進出は大平洋沿岸ルートであることを紹介しました。

時期については、Harvard医科大の発表前の通説である最寒冷期LGM後の温暖化時期ではなく、LGM以前に通過したと考えます。そうでないと、最寒冷期のベーリング海域通過はあまりに条件が厳しいですし、また、南米最古のチリ南部のモンテ・ベルデ遺跡(1.4万年前頃)よりずっと原始的で古いと思われるアマゾン古部族の存在が説明できません。

こう考えてくれば、南米アマゾンの南方型DNAを残す人たちは、寒冷降雪の北方適応型DNAの闘いに強い多くの人たちの2万年前頃の進出以前の寒冷緩和期にベーリング海域を越えて米新大陸沿岸に進入したとみられます。

その後の婚姻による人類の発展を考えれば200人以上の人々が、丸木舟で海流に乗って直路北太平洋を渡ったとは思われず、着実に歩を進めるベーリング海域ルートでしたでしょう。

当時の氷河・気候の状況をみますと、北海道太平洋岸に居た頃は下図の3万年前頃のアフトーニアン寒冷期であり、その後緩和期に千島列島からカムチャッカ半島、ベーリング海域を通過し、カナダ氷床を通過してLGM期には氷床の無い北米に達していれば進入発展の成功確率が高いでしょう。

さて次に、下図の細部のルートですが、前述のαルートの他に沿海州の方を回るオホーツク海ルートβもあり得ますが、寒冷の沿海州・樺太方向から北海道への多くの人の進入が2万年前頃ですので、αルートの可能性が高いでしょう。南方型人が初期にこの氷期を緯度を上げて北へ行くのは時間を要したのでは。

次に、ベーリング地峡南部海岸沿いAとアリューシャン列島沿いBのルートが考えられますが、B上のアッツ島とカムチャッカ東方のコマンドル諸島の間が400kmくらいあり、潮の流れも複雑で強いことから当時の舟では厳しく、寒いですがAの可能性が高いでしょう。

この地域のエスキモーの人たちは大変慎重なことで知られ、ここは波があり霧がたちこめることもあるため、岸からあまり離れずに航行するそうです。何しろ、転覆などして冷たい水に浸かればそのまま死を意味しますので。

他方、考古学的にも(9千年前頃のアリューシャン遺跡ながら)、アッツ島へはアラスカ半島の方から島伝いに西進して達したものと考えられております。

米大陸への進入は、比較的寒さが緩和された時期にルート上を着実な歩みで最寒期LGM前に氷床の無い北米に進入したとすれば最も好条件であったとみられます。いずれにしても、多く進入を試みた人々の中の数十%の成功した人たちが創った歴史とみられる厳しいものです。

以上の事から、当初、結論的にお示しした行程が一応の妥当性があり、人々の進入・南下に最も好条件なものとなります。

さて次回は、それでは日本祖人がそのルートを進むのはどうであったかです。

寒くなっていきます時期に正に寒い地域の話で恐縮です。

あまり注目されない寂しい地域で、かつ、万年の古さの日本祖人のアラスカ渡米の歩みがどうだったんだろうかについて、南方ボケ者が探って参ります(一応、出発地である北海道の雪深い道南の倶知安とオホーツクに近い道北で約10年間の勤務経験者です)。丁度、プーチンも来るようですし。

(了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook ; Nara Akira

ジャワのマジャパヒト王国は、13世紀末から約200年間、パンカル地域に広大な支配を及ぼし(下写真図が最大)、遠く琉球王国とも交流があったことで知られています。

当時のレプリカの木造帆船(20m)が建造され、今回、ジャカルタを出発して79日をかけて下写真図のような北上の親善航海を果たして東京湾の船橋港に到着しています。

日本の始まりを考えますと、日本祖人は4万年前頃、数十mは海水面が低下して拡がっていた海浜をパンカル地域、ベトナムから東アジア平野北部を経て舟で、狭まっていた対馬海峡を渡り北九州に入ったものと思います。

他方、東アジア平野南部(台湾地区)正面から舟で島伝いに沖縄(3.2万年前の人骨遺跡)まで、あるいはパンカル地域からフィリピン(北部に6.7万年前の人骨遺跡)までは同様に進出しており、もしかするとそこから舟でこの正面に渡って、日本祖人は南西諸島を北上し南九州に達していたかも知れません(トカラ列島越えは厳しく図も点線!?)。

私がそのように考えるのは、紅海を越え出アフリカを果たした現生人類の小部族が、下図のように海面下降によって拡がった海浜沿いに進出展開していくことが安全な移動や食料の獲得など種々の点で容易であると考えるからです。

数十万年前頃、ジャワ原人や北京原人が居たアジアにおいては、日本でも12万年前くらいの石器が発見され、インドネシアのフローレス島では小人ホモエレクトス原人が発見されていますので、アジアにおいても原人は広範囲にいた筈です。

では何故、欧州がネアンデルタール人との共存軋轢による進出展開の遅れがあったのに、アジアでは無かったように見えるのか?私は、海浜河川沿いに発展した言わば海・水辺の民であったため、内陸の原人と軋轢無くまずは進出展開できたことによるのではと考えています。

更には、そもそも出アフリカを果たした小部族は、海浜・水産物食に適応した人たちであったのではと考えています。さすれば早い豪までの進出展開も理解できます。

さて、アジアの楽園Sundaland地域では、最終氷期の最寒期(2万年前頃)でさえも温暖な気候、広大な海浜・陸地の動植物の食料など恵まれた条件下にありましたので、人口も増大し多くの人の集まりの中から文化も育まれたものと考えます。

そして、2万年前頃にはベーリング地峡を越えて北米大陸へ入って行ったものと考えられていましたが、もっと早い時期に入っていたのではという説が出てきました。

昨年、Harvard医科大が、アマゾン3部族のDNAを調べたところ、北米やユーラシアには同種のものを見いだせず、アボリジニ、アンダマン、パプアなどの出アフリカ後の早い時期の人々が近いという驚きの調査結果を発表しました。

このことの意味合いは、内陸での寒冷降雪地に適応を果たしDNA変化をさせた人々でないことを示しています。従って、ベーリング地峡から入ったインディアンの人たちでないということでDNAが合わないこともよく理解できます。

別に、アボリジニと南インドの人たちのDNAが近いということから本サイトでは、そこも含め下図点線部をパンカル人・地域と認識することとしました。

 

問題は、上図のAからBに直路渡ったとは考えられないことです。現在の考古学の成果では太平洋に人類が乗り出したのはせいぜい3,500年前くらいでゼロが一つ違うのです。

すると、黒潮ルート沿いに日本を経由してDNA変化を起こすことなく北米大陸に達し、南下してアマゾンに至ったと考えざるを得ません(RLPPルート自説)。

他方、

日本における石器の調査から2.5~2万年前頃、 沿海州から樺太を経て北海道に多くの人々が入ってきています。

シベリア南部・沿海州との石器の共通性などから既に寒冷降雪地に適応したDNA変化を果たした人たちと見られますので、前述のパンカル子孫が日本を経由して北米へ渡って入って行ったのはそれ以前だろうと私は考えます。

下図のように、4万年前頃、日本列島に入って来て北海道にまで進出展開していった日本祖人は、樺太からの南下以前に北海道に達していることが石器調査から明らかですので、前述の内容と矛盾なく理解できます。

更に近年の研究により、パンカル人と日本人のDNAの近さも認められますので、パンカル地域からの北上、日本経由の北米渡米が一通り矛盾なく理解できます。

おそらく日本祖人は、小柄で肌の色もかなり黒茶色であったでしょう。これが今も南西諸島に多く見られる人たちの特徴に近いものでもあります。

洞窟絵を描き、欧州では小屋を造り、言語コミュニケーション能力は基本的に現代人と近いレベルのパンカル人の子孫は、3.2万年前頃には那覇市に存在し、伊豆の神津島に黒曜石を獲りに舟を操って渡洋し、関東の各地で交易しています。

今回のマジャパヒト号の親善訪問は、14世紀の頃のことだけでなく、実は基本的なところで4万年前頃の日本の始まり時代をも推測させるものであると考えています。

そして、これまで全く歯牙にもかけられなかった日本からの北太平洋ルートの北米渡洋と南米への南下も、Harvard医科大の調査成果から荒唐無稽なことではなく、研究に値するものであると思わせる状況になってきていると考えます。

(了)

 

 

 

 

 

 

Nara Akira      http://www.sunda-wind.net

Facebook Nara Akiraで、当地の関心ある人には伝わっていますので見易く日本語だけとします。

当ホームページでは、現生人類が出アフリカを果たし、アメリカへの展開後の間もないころと考えられる南米アマゾン3部族といわば出発地である下図点線地域のこれも3種族がどこよりもDNAが近いということから、パンカルPangkal(元々のの意)人・地域と名づけ認識しました。

その中で、地積、植生、河川の多さがもたらす人口などから、中心はSundalandと呼ばれてきた地域になりますが、地形の特質はアジア大陸から突き出た大きな半島であり、前述のパンカルの名を生かしてパンカル半島と名づけ認識しました。

この大半島は、最終氷期が終わって極や山岳高地の氷が融けて海水面が上昇するに伴い海浜陸地が沈んで行き、更新世末期(11,500年前頃)には急激な海面上昇等があったことから、上図のように半島の中央部ではかなり陸地が失われています。

そして、7,000年前頃には過半が海に沈んで現在の群島状況に至りましたが、現代科学が解明したところでは、現生人類史上これ程の大陸地が海の下に沈んだ例は他に全く有りません。

このことが、11,600年前頃、海に沈んだというプラトン対話篇の”Atlantis”を新たに呼び覚ましました。それは、プラトンがAtlantisはリビアと(小)アジアくらいと記述し、パンカル半島がインドの2倍と言われ附合するからでもあります。

Atlantisは、プラトンの著述後から人々の関心を集め、あのコロンブスなども期待を持って船出し探していますが、万巻の書を重ねた近現代の盛り上がりも、Atlantic Ocean大西洋にそのような沈んだ大陸地は無いという現代科学のご託宣で急速にしぼんでいます。

今では、Atlantis話は、「A」の字と囁かれまともな学者は採り上げない対象になっています。もともとプラトンの弟子のアリストテレスが、あれは創作だと言ったという話が根強く伝わっていた事情もあります。

しかし、恐竜絶滅の事情から最近の驚きのギョベクリ・テペ遺跡の発見(10,000年BC前後の狩猟採集民による大規模多数の巨石物と彫像など)などにより、プラトンの”Atlantis”は、少なくともまともな研究対象であると考えます。(細部は次回、説明)

プラトン当時の人々の世界認識を時代ははるかに下ったコロンブスの出発時の認識を参考にして、世界の海をAtlantic Oceanに、アメリカを認識せず対話篇”Atlantis”をまとめますと下図のようになり、距離を別にすれば理解しうるものです(コロンブスは、日本も認識しています)。

つまり、11,600年前頃のAtlantisを話題にしたプラトンのイメージは、Atlantisの奥がぼ~とした、せいぜいがこのようなものでしたでしょう。

プラトン(エジプト神官の話)は、海軍力に優れたAtlantis勢力がギリシャ連合軍との戦いの前に既に着々と大陸(スペインなど)の一部、ヘラクレスの柱を入ってリビアの一部、エジプトまで、イタリア西のティレニア海域まで支配下におさめていると進出状況を記述しています。

さて、このプラトンの話の世界観と、現代科学が明らにしてきた当時の沈み始めた大陸を並べてみますと次のようになります。世界の学者は、プラトンの”Atlantis”が存在したとすればその描写から赤道付近の地域ということでその点は一致しています。

地中海の外、赤道付近、リビアと(小)アジアを足したくらい、沈んで今はない(過半)大陸地、動植物・鉱物その他の物も豊か、・・・パンカル半島はぴったりです。

そして、過半が沈んで行ったパンカル半島については、(英)Stephen Oppenheimerが詳細に論じ東のエデンと呼ぶ楽園、父祖の地、神の地という古くからの西の人々の抱いてきたイメージの対象地です。

プラトンの記述するAtlantisとエデンのパンカル半島は重なり合うものがあります。

今でも大西洋周辺でアトランティス発見かという話が時に出ますし、世界には、ここが沈んだあのアトランティスとお土産物も作って観光客を招いている所がありますが、現代科学からはパンカル半島以外にプラトンAtlantic Ocean のAtlantis候補地はない状況です。

他方、候補地たり得ない多くの所を論じて否定し結果としてプラトンの記述を全くの創作とする、未練を持って大西洋を探るし発見を騒ぐ、逆におとぎ話として楽しくファンタジーにする、「A」の字と烙印を押してまともな研究はしない、そもそも聞く耳をもたない、などの”Atlantis”を巡る諸状況があります。

私は残念に思っており、このテーマの中に参考とすべき歴史足り得るものを探したいと考えています。

それでは、パンカル半島がAtlantisとしますとエジプト神官、プラトンや言われればコロンブスも納得しますが、現代の学者は納得しない(したくない)かもしれない問題があります。この点の議論も次回以降とします。

 

 

 

アジアの楽園のSundalandは、人類史の百貨店のようだとお伝えしていますが、保存修復中のスクー寺院で新たなミステリーが発見されました。

(当地のスンダランドSundaland会、Dhani Irwanto から)

中部ジャワのスクー寺院が不思議な寺院であることは、以前に「中部ジャワ旅、驚きのピラミッド遺跡-スクー寺院」でお伝えしました。
(2015.08.02)
http://www.sunda-wind.net/report/1461
(2015.07.21)
http://www.sunda-wind.net/report/1392

スクー寺院は、遠く離れたアメリカ新大陸のマヤ遺跡との類似性などのミステリーを秘めています。

今回の発見は、当国名門の地元ガジャ・マダ大学考古学チームによれば、寺院内部の地中に別の建造物があり、その上部の遺物が発見されたもので、Journal Timesが報じています。

西ジャワの巨石遺跡グヌン・パダンも内部に時代を異にする構造層があることが確認されています。

万年の歴史を有するこの国では、他にもまだまだあるでしょう。

今後の遺跡調査の細部の結果を待ちたいと思います。 

Dhani Irwantoさんの写真

Dhani Irwantoさんの写真

More mysteries found in Sukuh Temple!

SUKUH TEMPLE: A TEMPLE INSIDE A TEMPLE, EXPERTS CONFUSED

jurnaltimes.com, 26 September 2015

The uniqueness of Sukuh temple on the slopes of Mount Lawu precisely in the Berjo Village, Ngargoyoso Subdistrict, Karanganyar Regency [Indonesia] is not only the type of stone, the shape of the temple and even the bas relief on the walls. The strangeness of the conditions inside the temple when the stones dismantled is shocking, evidently it is exceptionally different from the temples in general which contain soil. But in Sukuh temple there are two layers of stones. Under the outermost stones, the team found another layer of brownish stones.

Until recently, a team of researchers who conducted the restoration of the temple have not confirmed if the type of fill that resembles stones is a natural hill or a fill. Another uniqueness, it turns out that the stones inside the Sukuh temple do not have fastening or locking mechanism like the other temples which serves to fasten a stone to the others to strengthen the temple.

Niken Wirasanti, one of the archaeological team from the University of Gadjah Mada (UGM) was very surprised to get a lot of peculiarities in Sukuh, which is currently undergoing restoration. Many new findings should be studied further by the other teams.

“It is an interesting fact that we will discuss, in contrast to other temples I ever learned before,” said Niken recently while doing research in Sukuh. In addition to the fill inside the stone structure, according to Niken, inside the temple there are also found antefixes under the stairs of the temple which are buried under the soil. Whereas the antefix should be positioned outside the temple.

“Antefix is a triangular-shaped stone as a temple decoration. They are found buried in the soil under a stair leading to the top of the temple. Antefixes are usually placed outside the temple,” she explained.

The findings in the field, Niken explained, still need to be studied further. In order to find answers related to the mystery of Sukuh uniqueness, which also raises several allegations related to the temple.

Initial assumption raises a number of allegations that there was augment of the structure on Sukuh, with the discovery of another stone structure when the temple was dismantled. There are also findings of antefixes commonly found and mounted on the front of a temple. Antefixes are found in the inner layer of the Sukuh temple.

“It will be studied further with the team, whether Sukuh always been like this from the beginning or whether there was the possibility of the augment of the structure, also changes of the shape of the structure,” she concluded.

http://www.jurnaltimes.com/2015/09/anehada-candi-dalam-candi-sukuh-bikin.html

http://www.sunda-wind.net/

Manusia Modern Awal lahir di Afrika, keluar ke Eurasia, mayoritas mereka tiba di Sundaland, Surga di dalam Asia, tersebar sampai ke Amerika.

Mayoritas nenek moyang yang orang-orang modern di Asia mengalami kehidupan di Sundaland sebelum tersebar ke utara dan timur. Beberapa suku, ke barat juga.

Sundaland, Surga di dalam Asia, menumbuhkan peradaban pertama dunia dalam bagus keadaan yang masa Zaman Es pun.

Bukti itu adalah Situs Megalis Gunung Padang, sangat penting.

Sundaland mulai tenggelam oleh kenaikan permukaan laut sejak 18,000 tahun lalu dan tanah luas itu menghilang dalam laut sampai 7,000 tahun lalu.

Orang-orang di sana migrasi ke daerah lain.

展開GPイネ語縮

Situasi berubah sama sekali pada sekitar 11,500 tahun lalu.

“Global warming” mencair es dan salju di Kutub Syamali, Kutub Junubi, Siberia, Amerika Utara, Himalaya dan lain.

Bencana alam, beberapa jenis, menyebabkan banya di dunia.

Tanah luas Sundaland menghilang oleh bencana, banjir. Mitos masih ada banya tentang itu di dunia.

Sundaland ada di Timur Jauh, adalah tempat di arah yang matahari terbit.

Peristiwa itu trajedi pertama dalam prasejarah dunia.

Sebenarnya itu perubahan zaman waktu hampir akhir Zaman Es.

Daerah luas Sundaland tenggelam sama sekali sampai 7,000 tahun lalu.

Mereka yang bermigrasi ke luar Sundaland membawa teknis ulung kehidupan dan agama primitif, yaitu animisme juga.

Kemudian, peradaban terkenal sekarang dalam teks sekolah bermunculan.

11500悲劇9.25jpg

 

 

http://www.sunda-wind.net

珍しく当地の新聞が1面トップで日本を採り挙げました。アジアの楽園Sundalandは、気候風土に恵まれていますが、泣き所は災害です。

何せここへきて早い時期に覚える単語が、macet渋滞とbanjir洪水ですので。

機内からジャカルタ北西沿岸が水に浸かっているのを見ましたし、雨季にはここでも街の坂道は溢れ流れ下る泥水で様相を一変させます。

友達が日本でも洪水があるのかと聞きましたので、あの優れた車・バイク・電気製品、すし、ゲーム・アニメ、AKB・・のクール日本でbanjir大被害があるのか、という感じなんでしょう。(同病相哀れむ。)

洪水新聞syuku

火山の噴火、地震・津波、洪水と歴史的にも前回報告したとおりで、日常を、明日を奪われる悲しい出来事です。(合掌)

小さな災害は回数も多く、大災害は数は少ないですが被害は甚大です。

そして、万年を視野に入れて歴史を見たとき、気候変動とともに大災害の与えた人類の進路への影響の大きさに思い至ります。

現在、前回報告しました大悲劇などに関連しまして、歴史におけるカタストロフィックな突然の大災害に当地の研究者の関心が集まっています。

最も分かり易いのは、6,500万年前突然、当時の地球の王者の恐竜たちが絶滅しました。

メキシコ湾への隕石の衝突による暗黒から、その気候変動の影響によるものという説が有力です。

当地でも1883年のスンダ海峡クラカトアKrakatoa火山の噴火、2004年のアチェAcehの津波被害は、世界的によく知られています。

実はこのスマトラ北端のアチェは、14-15世紀には大変栄えておりました。

マルコ・ポーロ、明の鄭和や史上最も偉大な旅行家の一人と考えられているモロッコのあのイブン・バットゥータが、アチェを訪れています。

その際、肥沃な土地、大きく美しい町は壁で囲まれ、地域の交易が金を通貨として行われているアチェAceh地域の先進性にびっくりしています。

アチェ1縮

(Dr.Danny Hilman 著書(「Plato never lied」から)

なお、スマトラ島は、ジャワ島の北西で4倍、マラッカ海峡に接し、昔から金の産出で有名です。

そのアチェ王朝が、15世紀半ばに不思議な状況で消え、世紀末には突如新たな王朝が出現しています。

当国の地質学専門家の調査によれば、世紀半ばの1450年に2004年のものよりも大きな津波が襲ったことが分かりました。

更に、津波は周期性をもって襲ってきていることも分かりました。

これらのことから、地質学専門家で歴史にも詳しいDanny Hilman博士は、通説に対し著書(「Plato never lied」)で疑義を呈しています。

人類は緩やかな人口増で万年を過ごし、ファラディの電磁気理論以降、急増発展したということではないだろうと。

人類はもっと早い時期に栄えたが、Tobaの火山大噴火や氷河期後の温暖化による大洪水などでその都度、人口は急減し言わば発展は振り出しに戻ったということではないのかというものです。

博士の資料を基に私なりに整理したのが下表(文責奈良)です。5万年前頃の画期的と言われる人類の進化(言語等)も考慮しました。

縦横軸尺度の記述内容にご注意下さい。

つまり、アチェのように豊かだった#1アジアの楽園スンダランド文明が育まれていたが、大災害で発展は振り出しに戻った大悲劇という赤い点線の認識です。

人類発展 syuku

そしてその後、#1についてある程度は語り伝わり、#2文明である教科書のメソポタミアなどが登場してくるということでしょう。

悲劇の当該地域である楽園については、Danny博士が世界遺産ボロブドゥール地域の話の例を挙げています。

ボロブドゥール地域(中部ジャワ州の南部)がムラピ火山噴火の灰の下に埋まった時、生き残ったのはたまたま北部の町スメランの親戚の所に会いに行っていた、Cobek(香辛料をすり潰すすり鉢)作りの職人だけだったそうです。

ボロブドゥール建立の一流の建築設計家、石工など全ての人が犠牲になり、地域は戻ってきたcobek職人レベルの知見から再び始まりました。

そして、優れた仏塔群はその後、あのラッフルズ(シンガポールの一流ホテル名にも)により灰土の下から発見(1814年)されるまで千年を越える眠りにつきました。

修復hp

修復中の時代のボロブドゥール

http://www.sunda-wind.net/report/1127
(世界遺産ボロブドゥール・・・のヒミツ)

さて、博士は、地質学のイロハとして「過去を知りたければ現在が鍵であり、将来を知りたければ過去が鍵である。」という至言も紹介されています。

前述の日本の洪水を報道した新聞には書かれていませんが、鬼が怒る川が氾濫したんですよと言えば、万年を生きてきた此処の人は「そうか、分かった。」と言うでしょう。

http://www.sunda-wind.net

アジアの楽園Sundalandを考える上で、初期の現生人類が海浜・河川へ展開して行ったことは重要です。

私は、そもそも出アフリカを果たした千人内外の部族は、チンパンジーや他人類と異なり、水産物を食し海・水に抵抗ない特質を有する人たちであっただろうと考えています。

進出展開の縮

私たちの体に残る痕跡から、相当長い期間にわたって”水に馴染んだ新人類種”で、その準備があって出アフリカが果たされたものだと思います。

さて、当国の独立記念行事の一環として、ジョコ大統領ご夫妻も出席されて8月22日、海川の観光開発など経済活性化のための赤道祭りが賑やかに行われました。

ボルネオ島カリマンタンKalimantan西州でのパレードでは、5kmを移動しつつ進んでいく船を型どった甲板檀上から海の民の政策を唱えられる大統領が歓呼の声に応えられました。

国会議長、州知事、マレーシア、ブルネイのほか当国24州約4,000人の代表が参加し、50団体が踊りを披露しました。

赤道祭りKOMPAS8.23縮

また、約150隻の舟が参加し、海の民の祭りを盛り上げました。

赤道祭り多い舟syuku

(上記2枚 8.23付KOMPAS紙から)

万年の昔から、その恵まれた風土と産物を基礎に、多くの人が舟purahuで漕ぎ出し、船でこの地に渡り来たり、船で交易を行い、海から食を得、葬送するなど海とともに生きてきた人たちbangsa lautです。

舟国立博縮 スラウェシ舟家

洞窟壁画の舟(インドネシア博物館)          スラウェシ州の家

そのknow-howは口伝えで、技を見ることで相伝され、木・竹を使った舟は残らず、寄港地の根拠も今は周囲に溶け込んで分かりません。

しかし、各地に残る古い巨石遺跡や語り継がれている内容の類似性などから、大昔の人たちの多くの舟が行き交うことによる海洋での広範囲の行動力、交流は私たちの想像を越えるものであったと考えています。

さて、問題の人類史最初の大悲劇に入ります。

300万年前頃から15回くらいあった氷河期Zaman Gletserの最終氷期は7万年前頃からで、北極・南極から発達した氷河は北半球では北欧、シベリア、北米北部を覆い寒冷と乾燥はその南部にも及びました。

海の水はこの氷になり、海水面は今よりも約130m低下し、広大なアジアの楽園Sundalandが半島大陸地として現れていました。

この地は赤道付近であったため、2万年前頃の最寒LGM期にも1.4~1.15万年前頃の寒戻りヤンガー・ドリアスYD期にも恵まれた気候状況でした。

前回報告しましたように、動植物も正に多種多様で食料が豊富、火山帯のため黒曜石などの貴重な鉱物も豊富にありました。金、錫、などは世界的に有名でした。今、一番は石油です。

花1syuku 花2 syuku

悲劇となった大洪水の原因は、彗星や隕石meteoriteの衝突による急激な温暖化か、貯っていた北米の氷水の溢れ出しかなどと言われています。

火山の噴火もあったようで、地震・津波も考えられる正に激動の時期であったようです。

ヒマラヤHimalayaの雪氷も融け、あのシルクロードのタリム盆地Tarim Basinを水で潤し、いくつものアジアの大河は水量を増しあるいは流れを変え、大きな影響があったものと考えられます。

ともかく、楽園Sundalandのかなりの部分が海没し、大型の哺乳動物のマンモスmammothやトナカイが絶滅している激変は事実です。

このYD期間が終わり温暖化が始まった11,500年前頃というのは、地質学的には、更新世(後期)と完新世の変わり目であり、史的には、旧石器時代から新石器時代へと移り変わっていった人類史上の節目の大変重要な時代です。

注:現在の一般的な認識では下記ですが、(トルコ)ギョベクリ・テペGobekli Tepe遺跡、(英)ストーン・ヘンジStone Henge遺跡などの状況から、石器人はもっと進んでいたのではと考えられてきています。

・旧石器時代Paleolithic・・・ 打製石器や骨角器を使って狩りや採集、漁労を行い、移動しながら生活していた時代

・新石器時代Neolithic・・・ 打製石器に加えて磨製石器を使用するようになり、また、定住生活をし、農耕や牧畜によって食料の生産をするようになった時代

長年にわたる故Prof.Arysio SantosやProf.Stephen Oppenheimerの研究により、楽園が、父母祖の地が、大昔に海没した、大洪水banjirにより海没したという同工異曲の語り伝えは、広く根強く印亜大陸、中東地域の諸族のほか、北欧や太平洋諸島などにもあることが分かっています。

そして、沈みゆく地から生きのび離れた多くの人たちが、ノアNuhの方舟伝説のように新たな地へと向かったことでしょう。

舟perahuに家財道具を積み、それまでに培った信仰や生活のknow-how、何よりも恐ろしかった経験談、また、太陽が昇る地、楽園での良かった時代の話なども携えて。

無論、大悲劇が鎮まってから楽園を訪れた人たちは、その変わり果てた状況に驚き、様子を伝えたことでしょう。

ともかく、今に繋がる現生人類の少部族は、数万年前にアフリカを出てout of  Africa、気候の変動の中、楽園に至りました。

そこでは寒冷乾燥の氷河期にも風土が恵まれていたことから、東西南北の多くの人々が集まり、出入りし、生活の文化cultureを育み続けられたものと考えられます。

この地で何(十)万人もの人が生活し、この文明Civilizationの始まりと言える人間としての豊かな社会が在りました。

突然とも言える海没化は、その影響も踏まえ、世界人類史World historyにおける最初の大悲劇Big tragedy eventと考える所以です。

楽園の事実は、西ジャワの巨石遺跡グヌン・パダンGunung Padangの古さについての内部調査などにより更に明らかになると考えています。

下図の赤い部分は、地中から垂直に吹きあがった溶岩が前方に流れ固まったものです。遺跡はその上部に年代を異にして3層以上造られたもので、1万年前以上の昔から造られたものとみられています。

(参考)Lapisan層 THN Lalu年前 Lava溶岩 Tufa凝灰岩 Muka tanah地表面

GP構造syuku

またこの点で、知の殿堂と言われたエジプトMesirの神官の話として、あのギリシャの哲人プラトンPlatoが、楽園に関係すると考えられる内容を対話編Dialogueで記述しています。

話の該当の場所については、象などその具体的な動植物等の記述内容から、赤道付近の熱帯tropicalに違いないと研究者たちの見方が一致しています。

話の時期は、神官やプラトンが全く直接的に知る由もない、彼らにとって9,000年前という遙か大昔のことです。

にも拘わらず、その時期の陸地の海没話の状況と各地の語り伝えがぴったり現代地質学等の認識に一致しています。

このことも驚きであり、土地の様子や海没話を単なる想像ではとても書きえないことで、交易・交流の広域さと先人の語り伝えの凄さが注目されます。

因みに、各地の海没した大陸地話で現代地質学Geologyによって裏付けられているのは、全世界でonlyアジアの楽園Sundalandだけです。

以上、当時の人々にとって日が昇る、沈むことの重要さを加え、大悲劇の頃をまとめてみました。日出ずる楽園であることが分かります。遠東、Far East です。

人類史上最初の大悲劇(日本語)

(PDFファイルのダウンロード)

現代の教科書は、この大悲劇のずっと後(数千年)、多くの人々がユーラシア大陸から台湾Taiwanルート、内陸マレーMaleysiaルートで当地に大挙南下移住したことから書き始めていますが。

他方、この温暖化による大変化は、それまで寒冷あるいは乾燥砂漠であった所に水と木々や動植物をもたらしました。

そしてやがて、中東のメソポタミアMesopotamiaなど教科書にある文明を登場させることになって行きます。

なお、左下のインドネシア語は、アジア・アフリカ会議KAA60周年記念ではなく、ゼロを3つ加えた60,000年記念ですよと当地の人にエールを送ったものです。

更に、赤道祭りKhaturistiwa Karnavalは、遙か大昔の悲劇の楽園のご先祖様nenek moyangを偲ぶものでもあるのですよと言いたいです。

さて、歴史にやや埋もれてあまり注目されていませんが、私には何とも興味深いDravida Tamilについて回を改めて報告いたします。

http://www.sunda-wind.net

アジアの楽園Sundalandの探訪も暑い夏の8月は、当国含めて近現代史になりましたが、また、先史に戻ります。

先般シンガポールで、専門家1年生向けという考古学の良い教科書を入手しました。こういう本を一般書店に置いているところが流石のシンガポールです。

当国1、2の名門のバンドゥン大学は、工科大ですが流石に旧版は所蔵していてかねていい内容だと思っていました。

最新第6版は、考古学関連全分野をカバーして新たな内容を相当増補しているほか、カラー写真となり、かつ、量も広範多岐にわたり多く、世界をリードする英国らしい素晴らしいものです。

テキストsyuku

特に、考古学は単に事実の記述に留まらず、事実の歴史的な意味合いを 「説明」Explanationすることだとする、New Archaeologyを標榜しています。

それに関する諸説の変遷、今の議論の最前線の内容が図解、図表等とともに充実している正に「考古」のテキストです。

無論、地道な発掘等の内容は、近年の種々の機材も含めて方法論としての基本が十分記述されています。

また、総合的な発掘プロジェクトの事例も意義とともにその実情が多数紹介されています。

先日紹介しました「氷河期以後」After the Iceは、正にこの考古「説明」の流れの先端を行く、コンピューターを駆使した科学的な方法に基づくもので、著者もこの教科書に採りあげられています。

そして、日本では考えられませんが、私が拙著(アジアの楽園探訪記)で「石器人に対する認識を大きく変えた。」と紹介しました驚きのトルコ東南のギョベクリ・テペGobekli・Tepe遺跡が、早速入っています。

教科書のGT

万年頃・万年を越える人類先史の焦点と考える時期について充実していますので、私には素晴らしい選手たちのサッカー・ワールドカップを真近の席で観戦している気分です。

但し、欧米中心と成りがちなためのみならず、実証が不十分とみているのでしょうか、東南アジアは少なく、アジアが全般に少ないのは残念ですが。やはりあちら系のワールドカップに出るのは大変なのでしょう。

さて、現生人類がアフリカを出てからの中東、アジアは世界先史の中心的な意義を有し大変重要だと考えています。

地球規模の気候の最終氷期最寒冷期LGM(2万年前頃)と寒戻りYD期(1.3~1.1万年前頃)には、欧州の殆どの地域は人が住めない状況でしたが、赤道地域のアジアの楽園スンダランドは、一貫して恵まれた条件にありました。

人類進出縮

また、英国の誇るストーン・ヘンジStone hengeなどの欧州巨石遺跡(地中海地域の物より古い)が、何故か大西洋岸に偏っているのはどこから?という謎。

遠いマダガスカルMadagascarに何故、楽園地域の人の末裔がいるのか?

遠く離れたドラヴィダ・タミルTamil語が、日本語に共通する言葉が多く近いと言われるのは何故か? 何故、中国、沿海州など近い大陸の言葉でないのか?

などは、早い時期の海のルートの伝搬を考える必要があると思いますが、テキストには記述されていません。

海川伝播syuku

当地に住んで動いてますと、軽易に乗り降りできるミニバス、隣の県への大型バス、隣の州への長距離夜間バスなど独特の運輸様式とバス停留所があり、休暇の帰省を川上に上がると表現するなど万年の舟人、海の民の優れた交易行動力から理解できます。

各地に舟着き場、租界があったと思いますが、木・竹の施設や船は残らないですし、租界もその後の陸勢力に溶け込んだのでしょう。巨石構造物は残り、人や言葉は端や島(陸の孤島含む)に残ると言えます。

教科書も認めている通り、東南アジア熱帯地帯は、遺骨・遺物が残りにくいですので、楽園スンダランドの巨石遺跡グヌン・パダンは、地中に時代を異にする3層以上を有する大変古いもので注目されます。

GP写真縮

当地でも認識されてきていて、書店に並んでいます。

本屋noGP

また、11月、英国ロンドンで、先史遺跡についての公開会議が行われますが、前述のギョベクリ・テペなどとともに当地グヌン・パダンもテーマの一つです。

Nara Akiraさんの写真
 万年を越える先史遺跡が続々と声を上げてきています。
 いつの日か、アジアの楽園の万年の遺跡が、先史ワールドカップに出場してアジアの意義が認識されることを期待していますし、この面で日本が地域を支援できれば大変良い国際協力になると考えています。
 今日は、中央から文化大臣ご臨席のもと、当国文学の第1人者Ajipさんとともに、文学及び母国語と地域の文化の継承を大切にするスンダロギーの文学賞授与イベントが、西ジャワ州都バンドゥンでありました。
 西ジャワ州知事さん、西ジャワ言葉(親善)大使(優勝者女史)にご挨拶し、研究のことなど自己紹介する機会を得ました。大使は、来月、東京と京都に行かれるそうです。
 作家縮
イベントsyuku
州知事syuku
言葉大使syuku
I want to make comments about that, is based on chart of Great Journey of Homo Sapience as below, though I’ve got the news in far away island Java by private e-mail on Book Review of some Japanese News Paper .
人類の進出
1. It’s written about history of homo sapience from 20,000-5,000 BC .
   It’s amazing for me because the theme and the duration are the same as mine and written by a specialist professor on history  has written, not by an amateur as I initially handed over e-book draft of my idea on that theme to e-publisher in June last year.
2. Prof. Mithen wrote on begining of agricuture, but should pay attention to the point that no ice age existed in warm Sundaland and banana is very old selected breed by homo sapience.
3. Yes. In that period, Human Civilization took off far before Mesopotamia though it depends on diffinition of civilization. I’m interested in human characteristic society of large enough, long enough period one which was fully different from that of monkey and ape. When, where and what society was our origin ?
4. Prof. Mithen should study more on Sundaland as he visited almost all over the continents area. He should pay more attention  on it as an important region of Human Great Journey.
5. Yes. Now, we have to think about what human beings are, what human society, civilization should be. People in modern society has to  know about Out of Africa, era of Sundaland “civilization”.
6. Methodology is good. We should study not only from contemporary situation to the past, but from origin of Africa, Great Journey to now.
7. Yes. Results of historical excavation is Evidence. So, I’m interested in Gunung Padang and under water situation in Bay of Thailand.
8. Prof. Mithen has orchestrated many fields of science and picturised initial Human civilization. And it should also be mentioned on analysis of Nenkou, DNA, high-tec electro magnetic survey etc.
9. One Book Review express its greatness as a fine music on Creation of World. But, I think it’s too much. In creation of world, Adam and Eve are black Africans though I don’t know how ordinary Wetern People feel to it. As like they’d got out from the garden of Eden, homo sapience got out of Africa and prevailed to the world.
Now, we should face up to relity of ancient prehistory for one of main issues of ineternational society, humanism.
10. Prof. Mithen touched upon little about Sundaland. It’s a pity, really.
By the way, it’s said by some in study community in Japan that this theme should be discussed not in University but by Rekishinia(retired ordinary seniors who are interested in history) in salon.
But, it’s delightful for me that a  University historian of UK, leading level in the field of history, has finalised contents by scientific method.
I hope more progress will be achieved in this theme near future.
http://www.sunda-wind.net
私のアジアの楽園Sundaland、グヌン・パダン巨石遺跡の研究(「アジアの楽園探訪記」http://www.sunda-wind.net)に関連して、驚きの大著「氷河期以後」After the Iceが、英オックスフォード・リーディング大スティーヴン・マイズン教授により書かれました。
著者は世界各地を訪れてますが、残念ながら東南アジアを研究訪問しておらず、また、世界をリードしている英国歴史学界には、このテーマで注目すべき研究もありますが反映されていないようで遺憾に思っています。
新聞書評等の風の頼りから、以下、人類のグレート・ジャーニーを基にする私の赤道を越えた島からの所見を述べます。
人類の進出
1.紀元前2万年から同5,000年に的を絞っての人類史ということです。
テーマの問題意識、先史の対象時期が私と一緒の歴史専門家が俯瞰した学術研究であり、実に驚くほかないです(私は昨年6月から、原稿「アジアの楽園探訪記」を出版社e-ブックランドと調整開始)。
2.氷河期が終わって地球が温暖化する中で、農耕が始まりという記述のようです。
寒戻りのヤンガー・ドリアス(YD)期(1.3-1.15万年前)後ということかもしれませんが、アジアの楽園Sundalandには、欧州などのような氷河期は無いです。バナナの改良から栽培・農耕は始まっています。
3.今に続く文明の基礎ができた時期とのことで、その通りでありメソポタミアのずっと前です。文明の定義によりますが。私は、サル社会と全く異なる特質を有する規模の大きな、期間も長い、文明と呼べる始源の人間社会は、いつごろ、どこか、どんなものかという今に繋がる原点、源流を追っています。
4.西アジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸、オーストラリア大陸、
東アジア、南アジア、アフリカ大陸を巡って記述しているようですが、ものの見事に、最重要のアジアの楽園Sundalandを外しています。
5.結論的に考えさせられるのは、人間とは何か、文明とは何かということだそうですが、その通りであり更に全ての現代人は、温故知新、出現のアフリカ、「文明」を生み出したアジアの楽園時代に思いをいたすべきでしょう。
6.現代からの類推で過去を復元するのではなくということのようですが、良いですね。私は前掲のとおり、アフリカの始源から復元を図る考察に努めています。
7.発掘成果はその証拠として働くことはその通りで、私もグヌン・パダン巨石遺跡、タイ湾海下の運河・灌漑遺構の状などを追っています。
8.人類学、古気候学、動物学、植物学、堆積学など、過去に向き合う諸学問が統合され、一霊長類に過ぎなかったヒトが「文明」を生み出したことを明らかにした。
という点はその通りです。近年の年縞分析、DNA分析、電磁気調査などの重要さも書くべきでしょう。
9.天地創造の楽曲を奏でるような大良著ということらしいですが、言い過ぎでしょう。一般の欧州人の受け止めはどうかですが、アフリカの黒人が新人類の始まり、言わば天地創造のアダムとイブです。エデンの園から追放されたかのごとく、前掲のとおりやがてアフリカを出て世界に拡がりました。
 そして、イエス・キリストやマリア様を今描くなら、皮膚の色は褐色にすべきでしょう。そうすれば、国際社会の最重要課題の一つである真のヒューマニズムが生まれるものと考えます。
 また、自分たちの遠い祖先に最もよく似た人たちを奴隷にし売買したことが、その後の特に欧米白色人の人たちが背負っていく「人間仲間内の原罪」と言えるでしょう。
10.アジアの楽園Sundalandについての記述は、極めて不十分なようです。
 いずれにしても、「歴史ニア」のお遊びと言われた先史のこの時代、始源の文明研究が、世界をリードする英国の大学の歴史専門家によって科学的になされ公にされたことは、誠に喜ばしく今後の更なる解明に期待が持てます。

http://www.sunda-wind.net

位置としては、アジアの楽園Sundalandの中央になりますシンガポールに行きました。modernでcleanで花々もきれいで豊かな現代の楽園でしょう。

建国50年を祝う賑やかさの中にライオン(シンガ)と大きな船、水に親しむ海の民を見ました。そして、19歳で全員例外なく2年兵役につき、その後もずっと練度維持を図って楽園を守り維持します。(スイスの例を出して恥かいた先生にこの例も教えたいです。唱えるだけでは楽園は守れません。)地下鉄規律でもしっかりです。そして、何より戦略的思考のお手本と言うべき国と思われます。

マーライオン

海の民

海の子

徴兵

規律

さて、万年ハンターの本題です。残念ながら、まだ当地の視野は国立博物館では700年前でしたが。

当地の第4公用語はタミル語です。イギリスがプランテーション労働力としてインド亜大陸南部から連れてきた人たちですが、あのインダス川岸のモヘンジョ・ダロを築いたドラヴィダ人Dravidian系でその寺院の台型造形の基礎は、既に報告のスクー寺院、マヤピラミッドに似ています。

国立博

700年

タミル寺院

遙か大昔に海に沈んだ(Sundaland?)栄光の民の末裔神話を大事にしているだけでなく、新人類の出アフリカ後の東進・北上ルートの始まりの方の人たちで私は注目しています。

更に、大家の大野 晋先生によれば、世界で日本語に最も近いのはタミルTamilの人たちの言葉で多くの単語が取り入れられているとのことです。先生は、真珠交易などの諸点も挙げられて説明されていますが、両者があまりに離れていることもあり学界では未だ、?の謎です。

しかし、あんなに近い大陸の言葉と日本語、心根が違う方がむしろ不思議と思わねばならないでしょう。

アジアの楽園Sundalandと人類の東進・北上の海ルートを理解する私には、西と北の言わばはずれに残った2つの言葉が近いのは不思議でも謎でもありません。交易で栄えていたタミルの人たちは、ルート途中に多くの租界を持っていたのでしょうが、長い間に失われ痕跡も見つけられないということでしょう。

人類の進出

そして、シンガポールにはまだまだ注目すべき点がありますが、次回といたします。

 

 

 

次のページ

↑トップへ