人類史①、始まり時代の環太平洋は皆、親類
「最初のアメリカ人」(FA)研究が明らかにする中・南米と豪州域、そこへ通過してきたスンダランドの始まりInmalay人などとの近縁性は、太平洋9,000km以上を多くの家族が渡海したことによるわけではなく北のベリンジアを回って来たものです。

そして、その南方から北上して着いた日本列島で拡がった祖人(縄文前)も近縁なのです。重要な事は、始まり時代の人々は欧州先生が命名したモンゴロイド(寒冷適応の身体変化)ではないという用語のあり方で、モンゴロイドではなかったことが始まり時代の暮らしイメージの理解にも重要なことなのです。

②サフル沿岸先住民は原始人イメージと違う
豪州域のかつてのサフルランドの先住民の今の暮らしでも、大亀・蟹・魚貝(昔はもっと獲れた)や根・茎が主食であり、教室で教わる大・中型動物に襲い掛かる数人の槍による襲撃狩猟ではなく、熱心に石器を作っているわけでもアリマセン(沖縄の祖代状況が同様) 。干・満潮差を利用する石積漁の知的レベルは、動物を獲る陥し穴猟に通ずるものです。

③海面上昇で痕跡を見ない歴史の真実
実は100mもの海面上昇(現在の吉祥寺以下新宿・渋谷・池袋・上野は水没)で痕跡実証が得られず教室では軽視されていますが、始まり時代の暮らしは海・川辺の暮らしが主体でした。わずかに残る岩絵、環状キャンプ跡の中央広場などは精神・心理生活の豊かさを示すもので注目です。人口見積もりや食うに追われていたイメージは修正が必要なようです。

④欧米先生は肉食でない植物主食に驚く、のにこっちが驚き

最近、最古の現生人類が欧州先生方のイメージである肉食でなく植物主食であったことが驚きと言われていますが、実は古人骨分析では海産・水産物主食は多く、①の襲撃狩猟イメージこそ修正が必要と考えられ、暮らし理解の重要な検討事項です。

周回遅れの教室に始まり時代を、遺跡実証の豊かな日本状況の発信をー日本祖代研究会(RGaPJ)

Latest research shed light on First American’s relatives.

Mongoloid adapted to cold weather didn’t appear yet (Dr. William Howells, Harvard Univ), but “Inmalay” had migrated from southeast Asia to Beringian southern coast in initial phase. Paleo-Mongoloid is misunderstanding, unsuitable terminology.

Latest research on DNA, cranial morphology and migration route reveal affinity among “natives” around Pacific Ocean. Affinity in Meso-America and vast south America, those with Australo-Melanesian who had migrated through southeast Asia “Sundaland” to the east. On the other hand, DNA analysis had revealed affinity among East Asian “Sojin, Proto-Japanese before Jomon”, Inmalay and Andaman islanders. It seems Philippine natives, too as their DNA indicated slight affinity with old Amazon tribes in SA.
ーRGaPJ

現生人類の中東からの西・北・東への拡散の始まりは、東南アジアでは寒冷地適応の「モンゴロイド」が未だ居なかったInmalayインマレイの時代であり、欧州先生が「古モンゴロイド」と命名した事は改正されるべき大きな誤解の元なのです。

1.左図 出アフリカ後に東進し、東南アジアへ。南方から北上して多様な小島の多かった曙海沿岸を移住し、約4万年前から多くの家族が波静かで日本湖的な対馬海峡を竹木の筏で北部九州へ渡海の後、沖縄に南下し本州を北上し拡がった縄文前の祖人Sojinたち。伊豆の生業航海民であり、北海道から昆布ハイウェイを北上継続した事でしょう。しなかった理由はアリマセン。

2.右図 北米先住民のDNA、南米先住民の頭骨やDNAの最近の研究で、中・南米先住民の古い時代からの近縁性のみならず、豪州メラネシア及び東南アジア・東アジアの相互の近縁性が判明してきました。これ迄北米とのDNAの皮相な比較で無視されて来た「日本列島ルート」ですが、南方・南米との近縁性が窺われ昆布ハイウェイで繋がっていますし北上を継続しない理由もなく、更なる研究が求められています。欧米定説のシベリアルートですが、最新のDNA研究ではハプロタイプQは全く新しい1,700年前と言われていて論外ですから見直しが必要でしょう。

遠くの似ている「親戚」たち、これらの事を教室に、日本の状況を世界に。―日本祖代研究会(RGaPJ)

Not Mongoloid, feature changed in cold weather, but ancient Southeast Asian “Inmalay” had played a main role.

1. Southeast Asian, Australo-Melanesian, East Asian, Meso and South American affinity of morphology and DNA

2. Initial migration along west coastal route of American continents

3.Symbolic affinity-restoration of Luzia Brazilian woman and Sojin Japanese man

-RGaPJ

1.右図 拡散時代の環太平洋という視点

一部米学者は北米先住民を焦点とする視点で日本ルート除外を言っているようですが、北米へのシベリアルートは最新研究で「Y遺伝子Qは紀元後進入など新しい」ので注意が必要なのです。むしろ南米先住民に関し、始まり時代の環太平洋地域は南方系民(Inmalayインマレイであってモンゴロイドではないー欧州学者の不適切な命名)なのであり、最新の研究から南米広域及び中米・東南アジア南方・豪州地域・東アジア(日本含む)など相互に頭骨形態・DNAに近縁性(万年前の多家族の太平洋直路横断は無いのに)がみられ、研究進展中であるのに日本ルート除外断定は全く不適切です(祖代研は「環太平洋移住MPOR」説を提唱)。

2.左図 環太平洋沿岸は新たな注目

近年、沿岸ルート・内陸拡散の説(北米・無氷回廊は閉鎖中)が高まっており、対馬海峡越えの北部九州への多家族渡海の始まり、沖縄へのトカラ越え南下や伊豆の神津島・黒耀石を求めての生業航海など(当時の青森・陸奥平野で合一し、津軽海峡越えは問題なし)日本ルート沿岸民の東西合一の青森―道東―千島列島ーKポイントーカムチャッカ沿岸ーベリンジア南岸への北上の継続は注目すべきなのです。今、復元がなされているルチア女性骨・ブラジルと沖縄・石垣島祖人骨(Dr. William Howells-容貌は寒冷適応による身体変化のモンゴロイド、ではない)に光が当たります。

問題を全く採り挙げない教室、世界に日本の状況を発信不十分な現況は改善を。-日本祖代研究会(RGaPJ) 

1.太平洋東西の地域は南米まで近縁・共通祖先。

左図 頭骨形態の近縁性から、➃南米・中南米人は②豪・メラネシア人と、そして①東南アジア、③東アジア(日本含む)と共通祖先であったことが分かります。南米にまで人類が進出した始まり時代には、寒冷に適応して身体変化したモンゴロイドは未だ登場してなく南方系種族(Inmalay)であった事が重要です。更に右図、その始まり時代の南米先住民のDNAは、太平洋岸から内陸アマゾンの広範囲で共通性があります。そして豪・メラネシアと近縁であり、他方、東南アジアと東アジアも近縁(日本は縄文人骨が実証)でアメリカ新大陸の南米へと繋がっていますのでこれらの祖先は共通なのです。

2.米新大陸進入は沿岸南下で内陸へ。日本列島ルート(縄文人でなく祖人)は注目。

右図 人類は北太平洋のベリンジアから米大陸西海岸を南下しつつ内陸へ拡がって行った(無氷回廊は氷床で閉鎖中)とみられており、日本ルートの北海道は注目です。この問題は、縄文人Jomonの時代でなく(アイヌは論外)初代の祖人Sojinが議論の対象ですが、用語が日本の教室にも無いために世界で誤解がみられる大きな問題があります。

3.一部の米学者は新拡散の北米に捉われ、共通の祖先を示す南米軽視で日本を除外は誤解を招く。(図右上)

「最初のアメリカ人」問題では、実は北米の多数はシベリアから渡った新しい種族(紀元後も)で最古の痕跡は乏しく、行き着いた南米に注目せねばなりません。しかし、北米先住民とのDNAなどの違いをもって日本・北海道ルートを断定して否定している一部の米国研究発表は誤解を招くもので不適切です。南米先住民を含めてアメリカ新大陸に進出した「最古の東アジア人は誰か、どのルートか」は現下の解明すべき問題なのです。

―日本祖代研究会(RGaPJ)

1.中南米の始まり先米民(Paleoamerican)の近縁は?

左図 万年~数千年前の④中南米先米民の男女頭骨(107サンプル)を各地のものと比較したところ、中米と南米が近縁、南米の何千kmも遠隔の地の間でサンプルに近縁性があって人口密度はかなりあったことになります。驚きはなんとそれらが北米ではなく②豪・メラネシア民と近縁であることが分かり、また②豪・メラネシア民は①東南アジア民と近縁なのです。他方、➃先米民は③東アジア民(日本祖人含む)とも近縁性があることが分かりましたが、万年の昔に多くの②豪・メラネシア民の家族がフネで太平洋を直路数千kmも渡ったとは考えられないことから③と➃の近縁は納得です。最近のDNA分析で、北米に多いシベリア発のY遺伝子ハプロQ、(少数の)Cなどが紀元後の進入で全く新しいことが判明しており、始まりの先米民(Paleoamerican)が北米に少ない事も納得です。従ってこれらの事から、①、②、③、➃、始まり時代の北米は皆が近縁であったことになります。
そして、アメリカ新大陸進入拡がり時代(万年以前)の現生人類は欧州も頭骨形態が近縁であり、南北米新大陸に違いが生じたのは現生人類が南米に拡がりおさまった後(寒冷適応モンゴロイドの進入後)、完新世からという重要な事が分析検討により導かれましたが、これは近年のDNA分析とも矛盾はアリマセン。他方、現生人類がベリンジアに達する初期時代には寒冷地適応の身体変化したモンゴロイドは未だ登場してなく(Dr. W. Howells, Harvard Univ)、中南米先米民は南方インマレイ系であり、北米内陸の氷床が融けた無氷回廊(IFC)開通後のモンゴロイド進入主体の北米との違いも納得です。

2.祖人を含む東アジア人が先米民と近縁かつ注目の沿岸ルート進入で、北海道東に光

東アジア人がアメリカ新大陸の南米にまで進入して拡がっていたこととなり、しかも太平洋沿岸・昆布Highwayルート進入の可能性が高いとなれば、それまで北米先住民(新)DNAとの比較で軽視されて来た日本列島・北海道北上のルートは、祖代研はもとより既に動画などで現れているように注目であり、その出発ゲートウェイの道東に光なのです。

周回遅れの教室に、誤解ある世界に日本の最新状況の発信を―日本祖代研究会(RGaPJ)

左図 縄文人骨DNAの各種分析が示す南方インマレイ(欧州学者の「古モンゴロイド」命名は、ジンギスカンに驚かされた偏見に基づく誤解)系の北上が基本で、ユーラシア北部東進の西方系人(細部状況不明)や後のモンゴロイド(寒冷・降雪・寒風等に適応し身体変化―Dr. Howells Harvard大)拡散の複重構造が東亜拡散史なのです。

約4~1.6万年(縄文まで)にわたる始まり祖代・祖人文化の基層は厚く、教室での軽視や原始民扱いは対馬海峡や伊豆で示している渡海能力、社会性ある陥し穴猟、世界に先駆けた釣り針・磨製石器・環状キャンプなどの知的レベルから不当です。

右図 米新大陸の「最初のアメリカ人」は、内陸の無氷回廊が閉鎖中とみられ沿岸ルート説が強まっています。米国における最新の渡来DNA研究で第1波のDNAは実は定かでなく、これまでDNAを理由に無視されて来た日本ルートに光です。青森・陸奥民が海峡を越え、道東Gから千島を北上継続し、Kポイント(K北千島・Kurile・Kカムチャッカ)通過(2.5万年遥か以前)に注目です。なお、大陸からの沿海州~樺太~北海道への細石器民の移住南下は、あったとして2万年強前で遅かったとみられます(祖代研)。

3方向図の誤解を正し、教室では南方インマレイ系の北上と東亜人の複重構造並びに祖人Sojinの「最初のアメリカ人」問題への関わり可能性の紹介をすべきであり、現状は周回遅れです。ー日本祖代研究会(RGaPJ)

① 図右 注目の道東Gルート

米側の最初のアメリカ人進入は、内陸の無氷回廊が厚さkmの氷床で閉鎖中のため、西海岸・昆布Highwayルート説の高まりにより、北海道で留まる理由もない日本・道東G(ゲートウェイ)発の千島・飛び石越えKポイント~カムチャッカ半島沿岸~ベリンジア南岸ルートが注目されます。

② 図左 西太平洋沿岸民の南方系DNAの近縁性

最新のDNA分析で、船泊縄文人のDNAが比、台湾、韓国、日本(東京)、ウリチ(アムール河口)等との近縁性を有する南方系であり、東亜の人類拡散における最も古い基層です。

最新の状況を教室で紹介し、世界に発信を。ー日本祖代研究会(RGaPJ)

①②沿岸ルートは、Kポイントが重要

北海道東Gゲートウェイ発の北上ルートは、ベリンジアへの一里塚とも言えるKポイントが痕跡もあり重要です。米国における関連のDNA分析からベリンジア到着は2.5万年以前とみられており、従ってKポイント通過は、細石刃の渡道来(樺太経由で伝播とした場合、2万年前頃)の遥か以前の話となる重要な時期・細部ルートに関わる問題です。

次々に島が見えた千島は、フネであるいは冬季には流氷を歩いていくことができたので道東から北上しなかった理由なく、北部九州や伊豆での実証渡海力を有する子孫としての道東祖人の「Stepping Stone飛び石」ルート説として教室で紹介し、周回遅れの現状を改善すべきです。

③Kポイントに注目事象あり

北千島の遊動海民である留頓(ルートン・Routon)の主体が、カムチャッカ南南部に進出していた痕跡は関連実証として注目されます。Kポイントでは、縄文・旧石器の遺跡・遺物が発掘・確認されています。現在、大学・博物館で埋もれている千島に係る内外資料・コレクションを総合的に研究・展示すべきであり、世界が待っているのです。

➃学術用語コロボックル、鳥居訂正発表内容、コロボックル遺跡分布図など先達の成果を教科書に

誤解によっておとぎ話扱いされている「学術用語コロボックルCorobocle」、また、明治32年の鳥居龍蔵の北千島調査後に「北千島にコロボックルはいなかった」という巷間に広まっていた誤解を正した鳥居の学会発表(坪井教授の北海道竪穴遺跡はコロボックル説及び北千島民に適用、を追認)、明治28年のコロボックル遺跡分布図などを教科書に載せるべきで、今もコロボックルを全く架空のおとぎ話とし、あるいは迷惑ないたずら加害者とする誤解は根強く、はっきり正すべきです。 

―日本祖代研究会(RGaPJ)  

① 沿岸ルート説の高まり

説の高まりで、その始まりは米国ではなく45年前のカナダ学者の論文からだそうです。

岩盤のクローヴィス文化説のために、無視され抑圧されてきた米国学界でのその沿岸ルート研究史に光が当てられています。今や日本列島ルート説も注目され、最新動画には祖代研(RGaPJ)が発信し続けて来た祖史紹介が登場しています!

問題は、「多数派の米国先住民Natives Indianの祖先の到着に関わる事象は、万年ではなく千年というレベルの昔の話で実は新しかった」という最新のDNA分析(Dr. Jeanson)がもたらす「先住」を巡る政治的な側面(コロンブスの前であることには違いなし)があり、研究に蔭を落としています。

従って、③ 米国NativesとDNAハプログループが違うという事でこれまで無視されてきた日本の祖人Sojin(世界の誤解:Jomonは間に合わず、中世Ainuは論外)ですが、最初のアメリカ人(2.3万年前のニュー・メキシコの足跡)・中南米の始まり先住民(1.45万年前チリのモンテ・ヴェルデ遺跡人)などと無縁という事にはならず(AはBでない。CはBでない。しかし、CはAでないという訳ではない)、ともかくその北上に今注目が向けられています。

②花粉分析からの実証研究に光

アリューシャン列島のSanak島の湖底の花粉分析から、それまでの見方とは異なり1.7万年前には島は氷床に覆われて無く移動・生活できたという沿岸ルート支持の研究結果であり、南下した昆布Kelp Highway の全てを実証したわけではないですが、認識を換える1歩前進です。

― 日本祖代研究会(RGaPJ)

考古学、DNA、古環境などの分析が示す約4万年前、北部九州からの南方北上(沖縄へは南下)が、日本史の起源です。

① 始まりは南方から北上した沿海民の対馬海峡越えの北部九州への筏渡海

現生人類が出アフリカ・発中東で東進移住し、東南アジア地域の始まりインマレイInmalay種族が北上して亜寒帯入りした北インマレイである曙海の沿海民が、約4万年前に対馬海峡(西水道40-30km)を家族が筏で越え、北部九州に達して沖縄へ、北海道へ拡がったことが日本史の起源です。

②最古3.8万年前の伊豆の生業航海、広域交易などの列島中央部の賑い

生活に重要な黒耀石の原産地が八ヶ岳~和田峠、神津島等に存在した事、広大な関東平野、相対的に温暖な太平洋岸、大雪降らず湖のようだった日本海の環境などにより列島中央部が連接し賑いを見せたことは社会の発展という点で国柄の注目すべきことです。伊豆の生業航海、大規模な陥し穴猟、環状キャンプ、磨製石器などが発生したことは世界祖史的に特筆すべき(“金メダル”)ことなのですが、教室は充分に説明していません。

③ 陸奥平野、道東Gからの北上継続が今、世界の注目

現在は海面下の陸奥平野は、太平洋側と日本湖的で大雪の降らなかった日本海側の東西から北上した人々が合一し、後に土器を生むことになる地域として注目されます。最古、豊富な遺跡が発掘されている帯広・道東Gから拡がった遠軽白滝のみならず千島、樺太に北上を継続したと発掘遺跡から考えられます。

今、「最初のアメリカ人」が新大陸西海岸・昆布ハイウェイを南下進入した説の高まりで、千島~カムチャッカ方向への北上継続が注目されており、大学・博物館の片隅で埃をかぶっている関係遺物に新たな光を当てるべきで、この分野は世界の周回遅れです。

➃ Jomonは2代目、金メダル5個の祖人が“親”。熱い年表論議の紹介を

 世界に誤解がみられますが、Jomonは2代目でありAinuは13世紀からで始まりとは無縁です。世界祖史考古学上で特筆すべき“金メダル”5個を有する祖人Sojinが始まりであり、縄文Jomon“親”であることがよく認識されていません。
今や縄文文明と言われますが一日にして成らずです。これは「旧石器時代」という不適切な世界用語を使用していることが問題で、期間に誤解を生ずるものであり、そもそも平安や江戸などと符合する和語の「祖代Sodai」とすべきなのです。
そして更に年表に関しては、祖史古代の新たな発見を踏まえて諸説提言の熱い議論を生んでいる現状をこそ教室で紹介し考え認識させるべきです。

―日本祖代研究会(RGaPJ)

左図下、米国における始まり祖代の暮らしぶりと祖史考古学研究の中心である石器についての野外実験による見直しは、最新の米実験考古学の報告です。

マンモス・バイソンなどの大型動物に対する大槍持ちが数人で襲い掛かるハント史観は修正が必要(以前の報告)で、石器はむしろ屍体解体(長野:野尻湖遺跡に注目)が用途とのことです。米国やアジアの古人骨の分析では、海・水産物食が主流という報告が出ています。
上図、日本も包まれていた食豊かな「昆布の森・Kelp Forest」と「最初のアメリカ人」の新大陸・太平洋沿岸からの進入ルート説の高まり(内陸の「無氷回廊」はその時代は不通)。大型動物狩猟の生活観の見直しという米実験報告も踏まえ、あらためて日本の始まり時代におけるガラス黒耀石は何故、宝物だったのかが重要です。
右図、海・川辺~高地の賑いと考古金メダルの暮らしにおける多用途の黒耀石を採取すべく、祖人が努力し交易したことに納得です。今では海水面の数十m上昇で祖代の沿岸の暮らしの痕跡は海中ですが、2代目縄文の親にも理解を求めたいです。
生活行動に知的レベルと黒耀石工作のデリカシーがあり。言葉でコミュニケーションしたと考えられる広域の交易、陥し穴や環状キャンプの集団社会性も示しており、現代の凶暴な独裁者・狂信者たちに比べ原始人ではアリマセン。案外、黒耀石でウザ~イ髪とヒゲは刈っていた(スカルプチャーカット)かもです。
縄文Jomon前の日本祖史を世界に、教室に。―日本祖代研究会(RGaPJ)

図左、実証3.8万年前(遺物の原産地特定、年代測定)から、切れ味の宝物・黒耀石の存在も賑わい理由の一つでした。


沿岸から高地、北陸新幹線より3万年早い列島中央部の連接、関東平野~東海広域の活動と交易(鈴木遺跡は“新宿”のようだった!)、伊豆の生業航海や長野の高地進出に多様な石器扱い、原始人ではない知的レベルの陥し穴猟・磨製石器・環状キャンプ等の世界先史考古学の「金メダル」ラッシュに、欧米先生もビックリ。
世界・巷間のJomonからしか語らない日本史話は終わりにしましょう。Sodai/Sojinを世界に、教室に広めましょう。そもそも祖人は、寒冷・寒風・降雪で身体変化したMongoloidではなく、出アフリカ後の東進した南方系Inmalayインマレイが亜寒帯入りして若干変化した北インマレイ(Inmalay-North)です。マンモス・ハンターも騎馬民族も来なかった、大量渡来もなかった列島のコップの中の勢力の消長で育まれたのであり、「日本は神話(国の成り立ち)から歴史(実証的)が滑らか」(仏 レヴィ・ストロース)を含めた、全く新たな日本史の総合的な教育の検討すべきなのです。ギリシャ神話はよくて、日本神話はダメなんですか?ー日本祖代研究会(RGaPJ)

1万件を超える日本列島の始まり祖代の遺跡研究、太古からの人のDNA分析、当時の環境の推定などから、孤立的な島国であるが故に始まり状況を当時に見合う精度レベルで一応議論できることは、今後の新事象の発見で修正があるとしても左図の内容は世界的に特筆すべきことなのです。

1.約4万年前(列島中央部の3.8万年前の実証遺物を基に現生人類の初期移住状況から推定)、南方から北上し曙海沿岸から対馬海峡を筏(いかだ)で、日が昇る方向の北部九州に到達したと考えられ(①②)、巷間言われている中国や朝鮮半島から来た、また、北・西・南の3方向から来たと言う説明は誤解を招くものです。筏を造り気象・海象を理解して30km以上の海を多くの家族が漕ぎ渡る事が出来た事は、沿岸の暮らしに慣れ諸作業と渡海行動について言葉による意思疎通能力を有した知的レベル(祖代は祖語の基層)の人々(仮に大井川の例のように、輸送専業の者がいたなら、注目すべき社会性)であったことを示しています。原始人ではアリマセン。

2.海民の祖人は、その後3.5万年前頃には沖縄から北海道の概ね列島中に拡がり③北上を継続したとみられます。この点で、今は海面下ですが陸奥平野や貝塚遺跡の今後の水中考古学が期待されます。肝心の祖人について、欧州学者の命名による「古モンゴロイド」呼称は誤解(モンゴロイド:寒冷・寒風・降雪に適応し南シベリア・モンゴル地域で2.5-1万年前頃から身体変化説-米Dr. Howells)を招く不適切なものです。東南アジア地域の「インマレイ」(仮称)が熱帯・亜熱帯地方から北上し亜寒帯入りして若干の身体変化を生じたと考えられるスンダランド南方系の「北インマレイ」(仮称)と称すべきです。

3.遺物で原産地実証されている「伊豆での生業航海」②右は、当初は欧州学者に相手にされず、新聞では謎と報道されましたが、祖代研は当時の環境から最短で約20kmの不思議でない渡海(屈強な男達、海水面低下で拡大した諸島の海岸はフネを曳いて歩く)と発表しており、そもそも始まりの対馬渡海の方が長距離であって、相互に渡海推定を補完し合っている重要な事象です。

教室が時代の古さと実証精度のバランス認識を欠いて「よく分からないから教えない」とし、祖代の世界先史の“考古学金メダル”5個も教えず、始まりに関する紹介すらせずに明治時代の先達の活発な熱い論議を失っている事は適切でなく、改善を要望します。「最初のアメリカ人」問題でも日本が登場しているのに、教室が全く反応していない事も適切ではアリマセン。ー日本祖代研究会(RGaPJ)

次のページ

↑トップへ