➀始まり祖人・2代目縄文人は南方系

近年のDNA研究で、出アフリカ・中東東進の初期南方の先住諸族と日本の縄文人(その先代の祖人)のDNA近縁性が分かり、時代的にもモンゴロイド(拡散は9千年前頃から)ではないインマレイ系で、正に、石垣島祖人の様であったと考えられ来ています。

②欧米学者が驚いた豪州への早い「渡海」拡散と暮らし振りは重要参考

豪州への驚きの早い拡散ですが、同緯度であり納得です。むしろ、生物相境界線(東西で生物相が異なる)からの豪州への北と南のルートのいずれにしろ90-100km越えの筏渡海と沿岸暮らし(狩猟でなく、石器中心でもない)こそが重要な参考なのです。
移住のBルートは生物相境界線沿いで、人類は東ジャワ東岸を、次いでフィリピンのルソンへと渡海して線を越えて拡散しています。ルート沿いでは、東ジャワ・ワジャック人と港川祖人の人骨類似、5万年と古く知的な洞窟絵(後に舟絵あり)、フィリピンにも古遺跡群(6.7~4万年、カラオ、イリ、タボン等の洞窟遺跡)が実証豊富であり、A、Cに比し渡海の点でも断トツに注目されます。何より洞窟絵の知的レベルが注目され、その後の北上した環境に応じ暮らし振りを適応させる知力があったことです。

③日本列島の祖代遺跡の充実

現代とは異なる古環境・DNA・考古学分析等により、北部九州への筏渡海(約4万年前、湖的な波静か)から沖縄・北海道への拡がり(3.5万年前頃)、伊豆の生業航海や陥し穴猟跡など、島国であったことも幸いして日本列島には世界的に始まり時代の痕跡が圧倒的に充実しているのです。

今後の学界は、海水面の上昇で消えた祖代の沿岸暮らし(豪州例が参考、伊豆の生業航海にも)にもっと注目すべきです。

④人類史注目の「最初のアメリカ人」は西海岸の海民

衝撃の北米の「足跡」など近年の研究で沿岸ルートが注目され、シベリア狩猟民もベリンジア後は大槍を捨て海民化したと言われるだけでなく、最近のDNA研究(Dr. Jeanson)で実は意外に新しい進入?とみられてきています。これまでの北米のDNA研究で、折角の海民性を示す日本の祖人(青森・陸奥平野―道東)は長く無視されてきましたが、そもそも北海道で留まって北上しなかった理由などなく(舟や流氷歩き、北千島の先住痕跡など)当然に最初のアメリカ人の参加候補であり、祖代研のみならず一部のアメリカ学者も既に日本列島・道東北上ルートを指摘しているのです。

ともかく教室は周回遅れであり改善を、研究に投資を世界に発信をー日本祖代研究会(RGaPJ) 

1.「縄文人は何処から来たのか?」は愚問

今も一部のメディアや出版社、教授からすら発せられる誤りは、日本史の始まり時代を世界語(Late)Paleolithicである「旧石器時代、(後期)旧石器時代」と呼んでいるためなのです。縄文、・・・平安、鎌倉、江戸、明治、などテレビ番組でもよく観る他の和語の時代名称と全く合わない違和感の不適切なまま放置されていることが原因であり、流石に他と違い、長い「旧石器時代人、(後期)旧石器時代人」と呼んで語れないために仕方なく誤りの「縄文人」と呼んでしまっている次第で放置されているのです。

2.日本史の始まり

南方から北上し曙海の沿岸から、4万年前に対馬海峡を越えて北部九州への筏(いかだ)家族渡海してから、沖縄へ南下、北海道へ北上して列島中に拡がり2.4万年間も続いた祖人Sojin2代目が縄文人Jomonであり 日本列島生まれであってどこからもやって来た訳ではアリマセン。問題は日本史の重要な始まり祖人をあまり語らない事で、DNA分析等から基本は南方系インマレイであり、各地に充実した内容を有する初・先代である祖人の紹介(各地の一例を提示)先ずは学校で教わらなかった大人に、教室に、世界に発信を。

 ―日本祖代研究会(RGaPJ

現生人類の始まり史における南方インマレイ(古モンゴロイドは誤り)の拡散及び槍持ち襲撃の狩猟というよりも魚貝や植物食の沿岸暮らしという環太平洋新視点が、関連でルート上の北海道東が近年注目されています。

➀南米と南方という万kmの遠隔(多家族の直路横断はムリ)の古人が近縁であること、また、北米無氷回廊IFCの閉鎖中の南米遺跡(沿岸南下と理解)発見という驚きが、Acostaが北から来たと言った驚きも予言で始まったこれまでのマンモス・ハンター定説の見直しを迫っています。

②ベリンジア到着は2.5万年以前(DNA分析と足跡から)、沿岸ルートは食豊かで実行性有り、シベリア民進入は実は古くない(Y Haplo-Q AD300~600)など近年になって新たな発見が出て来ています。

③新たな状況を踏まえて、これまで埃をかぶっていた先達のモンゴロイド化容貌変化(寒冷積雪・寒風乾燥の環境)と言語の環太平洋圏の共通性の研究などに光が当たり見直されていくことになります。

④以上のことなどから、インマレイ(仮称)の環太平洋拡散移住説に、古環境、DNA、考古学、言語学等の諸研究の示すものが収斂しつつあるような状況です。

今やこの環太平洋視点について、更に実証研究を進めるべき状況です。周回遅れの教室にこの状況を、世界に日本の状況の発信を―日本祖代研究会(RGaPJ)

ジンギスカンの侵入に肝を冷やした欧州の先生の命名が、歴史理解の大誤解の元です。東アジア人を余りに大雑把な新旧モンゴロイドで数万年を語るとは遺憾で不適切です。このため、人類史の重要な「最初のアメリカ人」理解も日本の祖人の関わり可能性の議論をも阻害しています。

1.東アジアは2重構造

出アフリカ・発中東から東進した南方インマレイが緯度を北上し(第1ローラー)、遂にはシベリア南部地域の寒冷降雪・寒風乾燥の厳しい風土に適応して容貌等が変化し、モンゴロイドが誕生して勢いよく拡散した(第2ローラー)が東アジア人類の基本的な構造なのです。

2.最初のアメリカ人は2.5万年以前に進入では、モンゴロイド未拡散

アメリカ新大陸における先住民研究のDNA分析から、2.5万年以前にベリンジア陸峡にアジアから達していたと考えられ、モンゴロイドは関わらず石垣島祖人のような人でした。最近の研究で鍵は、①南方(日本も)と南米が近縁・親戚であることが実証されたこと、②北米へのシベリア狩猟族YDNAのhaplo-Qが紀元後という新しい進入だと発見されたことなどから日本の祖人Sojin(縄文前)は除外されない有資格候補であることです。

周回遅れの教室を改善、誤解のある世界に発信ですー日本祖代研究会(RGaPJ)

First Americans’ affinity from ancient Sundaland of Southeast Asia to Patagonia of South America.

Latest research shed light on affinity of ancient people in the Pacific Rim, Sahul and Sunda land~ Beringia~ SA, and some new Siberian Y-DNA haplo-Q in NA.

Coastal “Kelp” route from Hokkaido should be paid more attention and misunderstanding on Japanese chronological table should be corrected, too.

(背景)

人類史の重要な「最初のアメリカ人」に関し、新研究で①中・南米とサフルランドの先住民、環太平洋地域の古人の近縁性が明きらかになっています。サフルランドでは今の先住民の暮らしも、槍狩猟より魚貝獲得と植物採集が主に見られる状況の認識です。また、② 新大陸沿岸ルート説の高まり及びシベリアルートのDNAは新しい事から、日本・北海道(青森・陸奥平野から北上)ルートに注目が向いてきています。

・祖人Sojinが、明確な渡米否定論もない状況で教室から排除されている現状は不当です。

・北米先住民とのDNA不適合を理由に無視してきたのは、環太平洋古人の近縁という最新研究から不適切です。
これらは、教室を周回遅れで放置のままにしています。

(問題点)

1.祖代Sodai、祖人Sojinの名称が無い現状は不当であり、世界の議論参加を阻害しています。教室の「後期旧石器時代・人」は世界語であり、英語にすれば誤解され(縄文Jomonは、新石器時代ではない)長過ぎ、縄文、鎌倉、江戸、明治などの他と全く異質で不適切です。

2.祖人骨は沖縄で豊富に実証され、静岡・浜北では縄文時代の直下の祖代層で発掘されており、世界では重要な“同じ日本人”なのに軽視されているのは不当です。

ー日本祖代研究会(RGaPJ)

人類史①、始まり時代の環太平洋は皆、親類
「最初のアメリカ人」(FA)研究が明らかにする中・南米と豪州域、そこへ通過してきたスンダランドの始まりInmalay人などとの近縁性は、太平洋9,000km以上を多くの家族が渡海したことによるわけではなく北のベリンジアを回って来たものです。

そして、その南方から北上して着いた日本列島で拡がった祖人(縄文前)も近縁なのです。重要な事は、始まり時代の人々は欧州先生が命名したモンゴロイド(寒冷適応の身体変化)ではないという用語のあり方で、モンゴロイドではなかったことが始まり時代の暮らしイメージの理解にも重要なことなのです。

②サフル沿岸先住民は原始人イメージと違う
豪州域のかつてのサフルランドの先住民の今の暮らしでも、大亀・蟹・魚貝(昔はもっと獲れた)や根・茎が主食であり、教室で教わる大・中型動物に襲い掛かる数人の槍による襲撃狩猟ではなく、熱心に石器を作っているわけでもアリマセン(沖縄の祖代状況が同様) 。干・満潮差を利用する石積漁の知的レベルは、動物を獲る陥し穴猟に通ずるものです。

③海面上昇で痕跡を見ない歴史の真実
実は100mもの海面上昇(現在の吉祥寺以下新宿・渋谷・池袋・上野は水没)で痕跡実証が得られず教室では軽視されていますが、始まり時代の暮らしは海・川辺の暮らしが主体でした。わずかに残る岩絵、環状キャンプ跡の中央広場などは精神・心理生活の豊かさを示すもので注目です。人口見積もりや食うに追われていたイメージは修正が必要なようです。

④欧米先生は肉食でない植物主食に驚く、のにこっちが驚き

最近、最古の現生人類が欧州先生方のイメージである肉食でなく植物主食であったことが驚きと言われていますが、実は古人骨分析では海産・水産物主食は多く、①の襲撃狩猟イメージこそ修正が必要と考えられ、暮らし理解の重要な検討事項です。

周回遅れの教室に始まり時代を、遺跡実証の豊かな日本状況の発信をー日本祖代研究会(RGaPJ)

Latest research shed light on First American’s relatives.

Mongoloid adapted to cold weather didn’t appear yet (Dr. William Howells, Harvard Univ), but “Inmalay” had migrated from southeast Asia to Beringian southern coast in initial phase. Paleo-Mongoloid is misunderstanding, unsuitable terminology.

Latest research on DNA, cranial morphology and migration route reveal affinity among “natives” around Pacific Ocean. Affinity in Meso-America and vast south America, those with Australo-Melanesian who had migrated through southeast Asia “Sundaland” to the east. On the other hand, DNA analysis had revealed affinity among East Asian “Sojin, Proto-Japanese before Jomon”, Inmalay and Andaman islanders. It seems Philippine natives, too as their DNA indicated slight affinity with old Amazon tribes in SA.
ーRGaPJ

現生人類の中東からの西・北・東への拡散の始まりは、東南アジアでは寒冷地適応の「モンゴロイド」が未だ居なかったInmalayインマレイの時代であり、欧州先生が「古モンゴロイド」と命名した事は改正されるべき大きな誤解の元なのです。

1.左図 出アフリカ後に東進し、東南アジアへ。南方から北上して多様な小島の多かった曙海沿岸を移住し、約4万年前から多くの家族が波静かで日本湖的な対馬海峡を竹木の筏で北部九州へ渡海の後、沖縄に南下し本州を北上し拡がった縄文前の祖人Sojinたち。伊豆の生業航海民であり、北海道から昆布ハイウェイを北上継続した事でしょう。しなかった理由はアリマセン。

2.右図 北米先住民のDNA、南米先住民の頭骨やDNAの最近の研究で、中・南米先住民の古い時代からの近縁性のみならず、豪州メラネシア及び東南アジア・東アジアの相互の近縁性が判明してきました。これ迄北米とのDNAの皮相な比較で無視されて来た「日本列島ルート」ですが、南方・南米との近縁性が窺われ昆布ハイウェイで繋がっていますし北上を継続しない理由もなく、更なる研究が求められています。欧米定説のシベリアルートですが、最新のDNA研究ではハプロタイプQは全く新しい1,700年前と言われていて論外ですから見直しが必要でしょう。

遠くの似ている「親戚」たち、これらの事を教室に、日本の状況を世界に。―日本祖代研究会(RGaPJ)

Not Mongoloid, feature changed in cold weather, but ancient Southeast Asian “Inmalay” had played a main role.

1. Southeast Asian, Australo-Melanesian, East Asian, Meso and South American affinity of morphology and DNA

2. Initial migration along west coastal route of American continents

3.Symbolic affinity-restoration of Luzia Brazilian woman and Sojin Japanese man

-RGaPJ

1.右図 拡散時代の環太平洋という視点

一部米学者は北米先住民を焦点とする視点で日本ルート除外を言っているようですが、北米へのシベリアルートは最新研究で「Y遺伝子Qは紀元後進入など新しい」ので注意が必要なのです。むしろ南米先住民に関し、始まり時代の環太平洋地域は南方系民(Inmalayインマレイであってモンゴロイドではないー欧州学者の不適切な命名)なのであり、最新の研究から南米広域及び中米・東南アジア南方・豪州地域・東アジア(日本含む)など相互に頭骨形態・DNAに近縁性(万年前の多家族の太平洋直路横断は無いのに)がみられ、研究進展中であるのに日本ルート除外断定は全く不適切です(祖代研は「環太平洋移住MPOR」説を提唱)。

2.左図 環太平洋沿岸は新たな注目

近年、沿岸ルート・内陸拡散の説(北米・無氷回廊は閉鎖中)が高まっており、対馬海峡越えの北部九州への多家族渡海の始まり、沖縄へのトカラ越え南下や伊豆の神津島・黒耀石を求めての生業航海など(当時の青森・陸奥平野で合一し、津軽海峡越えは問題なし)日本ルート沿岸民の東西合一の青森―道東―千島列島ーKポイントーカムチャッカ沿岸ーベリンジア南岸への北上の継続は注目すべきなのです。今、復元がなされているルチア女性骨・ブラジルと沖縄・石垣島祖人骨(Dr. William Howells-容貌は寒冷適応による身体変化のモンゴロイド、ではない)に光が当たります。

問題を全く採り挙げない教室、世界に日本の状況を発信不十分な現況は改善を。-日本祖代研究会(RGaPJ) 

1.太平洋東西の地域は南米まで近縁・共通祖先。

左図 頭骨形態の近縁性から、➃南米・中南米人は②豪・メラネシア人と、そして①東南アジア、③東アジア(日本含む)と共通祖先であったことが分かります。南米にまで人類が進出した始まり時代には、寒冷に適応して身体変化したモンゴロイドは未だ登場してなく南方系種族(Inmalay)であった事が重要です。更に右図、その始まり時代の南米先住民のDNAは、太平洋岸から内陸アマゾンの広範囲で共通性があります。そして豪・メラネシアと近縁であり、他方、東南アジアと東アジアも近縁(日本は縄文人骨が実証)でアメリカ新大陸の南米へと繋がっていますのでこれらの祖先は共通なのです。

2.米新大陸進入は沿岸南下で内陸へ。日本列島ルート(縄文人でなく祖人)は注目。

右図 人類は北太平洋のベリンジアから米大陸西海岸を南下しつつ内陸へ拡がって行った(無氷回廊は氷床で閉鎖中)とみられており、日本ルートの北海道は注目です。この問題は、縄文人Jomonの時代でなく(アイヌは論外)初代の祖人Sojinが議論の対象ですが、用語が日本の教室にも無いために世界で誤解がみられる大きな問題があります。

3.一部の米学者は新拡散の北米に捉われ、共通の祖先を示す南米軽視で日本を除外は誤解を招く。(図右上)

「最初のアメリカ人」問題では、実は北米の多数はシベリアから渡った新しい種族(紀元後も)で最古の痕跡は乏しく、行き着いた南米に注目せねばなりません。しかし、北米先住民とのDNAなどの違いをもって日本・北海道ルートを断定して否定している一部の米国研究発表は誤解を招くもので不適切です。南米先住民を含めてアメリカ新大陸に進出した「最古の東アジア人は誰か、どのルートか」は現下の解明すべき問題なのです。

―日本祖代研究会(RGaPJ)

1.中南米の始まり先米民(Paleoamerican)の近縁は?

左図 万年~数千年前の④中南米先米民の男女頭骨(107サンプル)を各地のものと比較したところ、中米と南米が近縁、南米の何千kmも遠隔の地の間でサンプルに近縁性があって人口密度はかなりあったことになります。驚きはなんとそれらが北米ではなく②豪・メラネシア民と近縁であることが分かり、また②豪・メラネシア民は①東南アジア民と近縁なのです。他方、➃先米民は③東アジア民(日本祖人含む)とも近縁性があることが分かりましたが、万年の昔に多くの②豪・メラネシア民の家族がフネで太平洋を直路数千kmも渡ったとは考えられないことから③と➃の近縁は納得です。最近のDNA分析で、北米に多いシベリア発のY遺伝子ハプロQ、(少数の)Cなどが紀元後の進入で全く新しいことが判明しており、始まりの先米民(Paleoamerican)が北米に少ない事も納得です。従ってこれらの事から、①、②、③、➃、始まり時代の北米は皆が近縁であったことになります。
そして、アメリカ新大陸進入拡がり時代(万年以前)の現生人類は欧州も頭骨形態が近縁であり、南北米新大陸に違いが生じたのは現生人類が南米に拡がりおさまった後(寒冷適応モンゴロイドの進入後)、完新世からという重要な事が分析検討により導かれましたが、これは近年のDNA分析とも矛盾はアリマセン。他方、現生人類がベリンジアに達する初期時代には寒冷地適応の身体変化したモンゴロイドは未だ登場してなく(Dr. W. Howells, Harvard Univ)、中南米先米民は南方インマレイ系であり、北米内陸の氷床が融けた無氷回廊(IFC)開通後のモンゴロイド進入主体の北米との違いも納得です。

2.祖人を含む東アジア人が先米民と近縁かつ注目の沿岸ルート進入で、北海道東に光

東アジア人がアメリカ新大陸の南米にまで進入して拡がっていたこととなり、しかも太平洋沿岸・昆布Highwayルート進入の可能性が高いとなれば、それまで北米先住民(新)DNAとの比較で軽視されて来た日本列島・北海道北上のルートは、祖代研はもとより既に動画などで現れているように注目であり、その出発ゲートウェイの道東に光なのです。

周回遅れの教室に、誤解ある世界に日本の最新状況の発信を―日本祖代研究会(RGaPJ)

左図 縄文人骨DNAの各種分析が示す南方インマレイ(欧州学者の「古モンゴロイド」命名は、ジンギスカンに驚かされた偏見に基づく誤解)系の北上が基本で、ユーラシア北部東進の西方系人(細部状況不明)や後のモンゴロイド(寒冷・降雪・寒風等に適応し身体変化―Dr. Howells Harvard大)拡散の複重構造が東亜拡散史なのです。

約4~1.6万年(縄文まで)にわたる始まり祖代・祖人文化の基層は厚く、教室での軽視や原始民扱いは対馬海峡や伊豆で示している渡海能力、社会性ある陥し穴猟、世界に先駆けた釣り針・磨製石器・環状キャンプなどの知的レベルから不当です。

右図 米新大陸の「最初のアメリカ人」は、内陸の無氷回廊が閉鎖中とみられ沿岸ルート説が強まっています。米国における最新の渡来DNA研究で第1波のDNAは実は定かでなく、これまでDNAを理由に無視されて来た日本ルートに光です。青森・陸奥民が海峡を越え、道東Gから千島を北上継続し、Kポイント(K北千島・Kurile・Kカムチャッカ)通過(2.5万年遥か以前)に注目です。なお、大陸からの沿海州~樺太~北海道への細石器民の移住南下は、あったとして2万年強前で遅かったとみられます(祖代研)。

3方向図の誤解を正し、教室では南方インマレイ系の北上と東亜人の複重構造並びに祖人Sojinの「最初のアメリカ人」問題への関わり可能性の紹介をすべきであり、現状は周回遅れです。ー日本祖代研究会(RGaPJ)

① 図右 注目の道東Gルート

米側の最初のアメリカ人進入は、内陸の無氷回廊が厚さkmの氷床で閉鎖中のため、西海岸・昆布Highwayルート説の高まりにより、北海道で留まる理由もない日本・道東G(ゲートウェイ)発の千島・飛び石越えKポイント~カムチャッカ半島沿岸~ベリンジア南岸ルートが注目されます。

② 図左 西太平洋沿岸民の南方系DNAの近縁性

最新のDNA分析で、船泊縄文人のDNAが比、台湾、韓国、日本(東京)、ウリチ(アムール河口)等との近縁性を有する南方系であり、東亜の人類拡散における最も古い基層です。

最新の状況を教室で紹介し、世界に発信を。ー日本祖代研究会(RGaPJ)

次のページ

↑トップへ