世界人類史の最後の大きな「謎」として、「アメリカ新大陸人」問題があります。以前は第1図、シベリアのトナカイ・マンモスハンター(B)が、最寒期LGM(2万年前頃)を過ぎてからベーリング地峡を、大型動物を追って入って来たというものでしたが、近年の南北アメリカでの遺跡発掘状況と研究により、「入って来た16,000年前頃以前は、北米内陸の無氷回廊は開いていなかった(氷床のまま)ので、ベーリング地峡沿岸/昆布ハイウェイから、舟で入って来た」新説が主流となっており、第1図下図の暮らしぶり図が登場しています(ちょっと寂しい図ですが)。

1.Aの北海道「日本祖人」が北上したのか、2.Bのシベリア狩猟族が海辺の暮らしに適応した(赤矢印)のが、3.A、B両者が地峡沿岸で混じり合ったのか、いろいろ考えられます。現在の南北アメリカにおけるBのDNAの影響は強いようですし、これまでのB説イメージも依然として根強いです。そこで、「伊豆海峡」行き来が、今注目されるのです。舟を造り、海流・気象などを理解して操るのは知的レベルが高いです。しかも、数千年かけて雪と寒さの北海道の暮らしに適応しています。何故、極寒の地へ北上したのか、それは生活にとって、実は大変に豊かな海獣・鳥卵、魚と海藻が無人の地で得られたからでしょう。3万年前、北海道の暮らしに適応した「日本祖人」こそ先住民であり(アイヌは鎌倉時代以降)、もしかしたら最寒期(2.5~1.8万年前)後の暖化期ではなく、以前の暖期に入って行った可能性すら全く否定は出来ない、古い時代のその優れた海民性が、正に新説に合う有力候補なのです。

朝日新聞が、黒燿石を採取するための伊豆半島から東京都伊豆諸島の神津・恩馳島への行き来(最短約50km)(最新の原産地・年代分析に基づく)を、人類史の「謎」が眠るとして報じました(第1図)が、第2図のように黒潮分岐流を考慮し、海水面の約100m低下した当時の諸島が大島以外は陸地続きの部分が多かったことから、A,B,Cという行き来であればムリ無くできたでしょう。

諸島が晴れた日ははっきり見えていた事、行き帰りの太陽(時に御神火)、伊豆の山、北極星などの目標がはっきりしている事が大きな要因です。Aは、城ヶ崎~大島が最短の十数kmですが、漕ぐのが約5km/h、分岐流が約4km/hとすると、流されて大島に着かない場合は、房総の方に持って行かれて太平洋で漂流という悲惨なことになります(近代でも事故有り)から、もっと南の方から出発するのが良いです。Bの地域は、出来るところは海岸沿いに舟を曳いて行くと良いです、そして1泊。帰りは宝物を沢山積んで重い状況で、神子元(島)へ40数kmですが、これも流されますし変な所へ着いたら宝物を奪われるかも知れません。これらを考えると、岩礁の多い伊豆東部では、河津地区から出て帰って来るのがムリのない最良の行き来となります。しかも第3図のように、小学校の丘が目標として目立ち、居住条件も良く、今井浜は最適な発着場です。関東南部から東海地方の人々が物々交換に集まるとしても、かがり火に踊りのお祭り騒ぎにも良いです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5595cdcede7b543a67c582efcd7d7660.jpg です

そして、伊豆はずっと船材木(枯野)で、付近は3万年も前の痕跡があある陥し穴猟(三島などで発見)で、有名な地ですから丸木や動物の皮利用の舟造りにも申し分有りません。さて、伊豆の歴史ではこの河津地区が実は縄文時代の黒燿石の集散地で、なんと工房まであった事が分かっており(見高段間遺跡)、河津東小学校は、グラウンドの黒燿石を片付けないと危なくて運動も出来ない宝物だらけだった凄い所なのです。ですから、縄文先代の「日本祖代」にもその基礎があったと考えて何もおかしくはないでしょう。問題は、日本中の子供達はもとより、当の元気な「段間っ子」ですら、世界の考古学会が驚き、朝日新聞が謎という日本始まり時代の祖先(「日本祖人」)の偉業をよく教えられていない事なのです。(なお、小学校にある縄文住居の見学などは、河津町への届け出が必要です)

天下のHarvard日本人論が、最新版で「縄文人のルーツは?」を削除しました。そりゃそうです、2代目のルーツは、親である初・先代の「日本祖人」に決まっています。問題は、①成り立ちです。本や博物館が、出アフリカ後の痕跡が定かでないA、B、Cの3方向からの混じり合い図を描いてますが、時代を変えて書き添えたところで、誤りです。下図赤線Jaのように南方から「日本祖人」が「曙海」-北部九州ルートで北上して行った、約2万年に及ぶ旧石器遺跡が示す一方向性、同様性が特色です。

日本祖代、日本祖人、曙海、北東ア平野といった時代の用語なしには理解できません。そして、②「日本祖代」の長い積み重ねが大変重要なのです。2万年前頃に北、西から文化・人が渡来していますが、人は一部の出戻り含む大陸人によるあくまで渡来(アイヌは、ずっと後の鎌倉時代以降)です。この約4万年前からの古い積み重ねの特色が、周辺に同じ種族が見つからない理由なのです。「曙海」から始まった、北海道・大本州・南西諸島の同様性こそ注目すべきであり、今や「最初のアメリカ人」候補でもあるのです。

贅沢美食の殿様が、「こんな美味いものが、この世にあるのか」と言いました。同じ物を食べたとして同じ感想を言う人たちが世界にいないところが、注目すべき点です。生魚を食す日本人には、明治時代にやって来た欧米人はもとより、2千年前のシナ王朝の人たちも、「曙海」沿岸の呉越人や対岸の倭人が、入れ墨して海に潜る、魚や海藻を食すヘンな奴と書いています。森のサルの暮らしから灌木疎林のサバンナに出て肉を食すようになり、海辺で魚介類を食すようになったのは大変化です。どうも新人(アジア)は湖・川に関係深く、南アの海岸遺跡は魚介を食しただけでなく、赤色オーカーを用い、ビーズ装飾品を使う最古級の知的レベルが注目されています。

もしかしたら、環太平洋移住(MPOR)は、海辺の暮らしの南ア発かも知れず、展開移住のルート上のスリランカで、これまで学者が無いと考えて来た「熱帯雨林内での暮らし」が4.5万年前の古さで最近になって驚きとともに発見されました。そして興味深いのは、南米高地の先住民が海藻を好むことです。入手のため下山して2週間程かけて行き来していることで、海辺の民が追い立てられ逃げるように高地暮らしになって行ったのでしょう。南アの海岸からアンデスの高地まで、欧米学者さんには余り注目されませんが、今、「最初のアメリカ人」問題で注目のBeringia沿岸の「昆布ハイウェイ」だけでなく、海辺の人類史は実は世界の歴史認識上、極めて重要なのです。 陛下献上の神饌は、鰒や海藻などが大切にされた歴史です。 目黒のさんまはその痕跡です。

現生人類の出アフリカ後は南方から台湾山地沿岸Bを北上し、「曙海」を越えて北部九州Aに家族で渡海して約4万年前に始まりました。引き続き列島を北上して「日本祖人」は、3万年前には北海道にまで拡がり、今や更にアメリカ新大陸に進入した可能性が世界で注目されています。この拡がりの一方向性と島国での同様性、熟成が特色です。九州・南西諸島と当時の「北東ア平野」沿岸に囲まれた「曙海」の時計回りの移住からの発展であり、2.7万年前の日本祖人・石垣人と似たような南方系の人々が畔に居て北海道にまで拡がった、皆が親族のような始まりが、日本の特色の秘密なのです。1万件を超える旧石器遺跡が示しています。

本や博物館によっては、樺太、朝鮮半島、南西諸島の3方向から渡来して混じり合ったかのような、しかも最も可能性が高い本図のルートの無い、誤解を与える図がありますが、違います。そして、①家族で海を越えた民である事は、造舟・操舟・進取の知的レベルを示し、②曙海の畔、東南アジアに至る交流はその後も稲・鉄の伝播など大きな影響を及ぼしています。人類史の流れ、当時の地形と環境、そして新たな用語によって、4万年からの民族史を科学的に辿れることが、世界驚異の、子供たちに伝えたい日本の特色なのです。お隣さんの4,000年の歴史?ゼロが一つ違います、当方は 4万年はっきり ですよ。

米Harvard 医科大が、南米アマゾン古部族のDNAが北米やユーラシアに無くSundaland周辺地域で見つけましたが、太平洋を直路横断と“冗談”に言って終りにしました。南米は前回の海獣毛皮人も驚かしてくれますが、下図中央、主にアフリカ、日本、ニューギニアやカリブ地域などで見つかる白血病ウィルスの不思議もよく知られています。

上図左のように、日本では中央部でない所で見つかっており、縄文人からと言われています。このアフリカ―日本―南米をどう理解するかが、やはり説明がないのです。これも矢印の環太平洋移住MPOR説(祖代研究会)なら理解できます。さて、縄文人とすると、「最初のアメリカ人」問題で明らかなように、16,000年以前にアメリカ新大陸に渡って行った人たちには間に合わず、「日本祖人」がとなるのです。縄文時代なら勢いのいいシベリア狩猟族がどんどん入って拡がって居ますので消えないのも ヘンでしょう、疑問です。

また、近代になって南米には日本人が移住していますが、下図のようにこれほど広範囲に南米アマゾンなどに拡がっているのは疑問です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fe71d90038c56d6ec861598422b20abf.jpg です

問題は今、日本では、何か古い事については縄文人と言いますが、上図右上のように父母の「日本祖人Nihon Sojin」(約4~1.5万年前)が居ますので、おかしいです。アイヌだけでなく、何でも縄文人(実は2代目)と言っているが世界に誤解を与えているのです。先頃成功した3万年前の航海も「日本祖代」の事であり、到着したときから「日本祖人」なのです。

環太平洋の南米南端、流石の侵入欧州人もびっくりしました。裸に海獣の毛皮をまとっただけの人々の暮らしがあったのです。かつては4,000名位いたのが、昭和5年頃には100名にまで激減していました。祖代研究会は、 彼らが太古の先住か、 チリ沿岸~アマゾンの人々が圧迫され逃れて南下したと考えています(太平洋横断説派の人は、ポリネシアから舟で来たと言うかも知れませんが)。

注目は、当時は『仙台以北』で知られている海獣、その毛皮を纏うだけの万年前の暮らしの痕跡です。骨と毛皮で住居や舟も出来ます。つまり、人類史注目(前回報告)の北海道、ベーリング地峡は、栄養ある肉食・卵に植物の昆布、衣服と舟など原始の暮らしがはっきり認識されるのです。そして、Sundalandから北上~南下の南米南端まで、環太平洋移住(MPOR)説、特に、北海道東部「日本祖人」の子孫が、舟による最初のアメリカ人のみならず、南米南端まで関わっていると考えられるのです。

キーワードは、舟と海人ですが、38,000年前!の「日本祖人」は、静岡・伊豆半島(河津町が中心)から、東京都・神津恩馳島まで舟で黒潮分岐流を越えて行き来し黒耀石を交換交易しており、地域では陥し穴で鹿などを捕らえた遺跡から、相当知的な文化レベルを持っていたと考えられます。

問題は、子供たちがこれらの事を何も教わっておらず、また、世界の学問オリンピックに、説を唱えて学者が参加していない事です。

↑トップへ