(東京・札幌五輪) 教えていない祖代史を子供に、五輪で世界に!(まとめ)

カテゴリー: 最新情報

過半の学者は図の内容に異議なしでしょう。しかし現状では、よく分からないとして教えず、それでいて「原始人」とだけ言う大問題です。

A.アルカリ土壌のお陰で沖縄では人骨が多く発掘され、石垣島祖人に加え、約2万年前の沖縄本島での港川祖人が、次代・2代目の縄文人に繋がるとのDNA分析による認定です。B.日本列島史の始まりは曙海を約4万年前に家族で渡海し北部九州へ。北上して北海道へ、南下して沖縄へ3万年前までにはほぼ列島中に拡がりました。今と似て関東甲信越は、中央部が黒耀石の産地のせいもあり賑やかで、何よりも千島列島から 「北海道祖人」が 北上を継続しアメリカ新大陸に至った可能性が、今史界の注目です。そして、C.実は、島国で開発の発掘も多いことから、先史上の金メダルがゴロゴロという誇るべき状況なのです。まず第1に、約4万年前の始まりの祖人から令和人までが一気通貫で繋がっている世界にそう類の無い驚きの状況です。

2.伊豆の海を南部東京諸島の黒耀石を求めて38,000前から行き来していたダントツの金メダルは、某大新聞が謎と書きましたが、大島は大きく見え、海流を考え、諸島の南部の島々は海水面低下で今よりずっと繋がっていたので浜辺を舟を引いて行けたことなどを考えれば謎ではなく、造・操舟力、誰でもが漕いで行ったわけではない専業とみられること、遠隔地との交易などからもはや「原始人」ではないです。3.磨製石器はネットで3千円という安値で売り買いされている酷い状況ですが、木工などの為か、世界を見れば1万年は早いぶっちぎりの金メダルなのです。4.陥し穴猟も、鉄製スコップの無い時代に大きさ・深さ1mを超える穴を何十個も作った、動物の習性理解、多数の穴の構成イメージ形成と作業指示などの社会性が見られ、計画性ある大作業力も「原始人」ではないです。

5.3万年も前に、 一時的セッティングではありましたが、アメリカ先住民にも見られた環状キャンプを作っていたまとまりの社会性、広場で行われたことの精神性などがうかがわれ、当然に山や川には名前があった知的レベルでしたから、鎌倉時代に入って来たアイヌが地名に名を付けたと言うのは誤解を招くモノです。6.沖縄で見つかっている釣り針もはっきり海民性ある技術で2.3万年前当時では金メダルです。D.始まり時代の年表は、祖代・祖人ではっきり祖先であることを認識しています。現行の後期後期旧石器時代人のように英語では訳分からない事も無く、「岩宿人」では沖縄や北海道を語り難く、「岩宿人」がアメリカに行ったかもと言えば、「何それ?」と言われますので、やはり祖人です。祖代前期、後半期、末期と石器の分析で得られた時代3区分も出来ており、旧さを考えれば十分です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 467305e46cfcc00d15decf94f66675b0.jpg


図左上の北海道大学のオホーツク人南下の誤りだけでなく、シベリアのマンモス・ハンターが南下しても無く、アイヌが来るまでに3万年の長い豊かな歴史の積み重ねがあり、全ての川、山、岬、動植物・・・名前がありました。そして、
アフリカから北部九州、そして北部千島と考えて初めて、各地のアイヌの伝承で先住の”小人コロボックル“が北へ逃げて行った話が、納得できます。 何よりも、世界人類史の謎である「最初のアメリカ先住民」First Americansには、日本祖人のDNAが入っている可能性が、今議論されているのです(勿論、アイヌは本件に無縁です)。 以上、先人の旧石器遺跡の発掘努力は素晴らしく、世界に誇り得るものであり、また、祖人は「原始人」などではないことを子供に教え、オリンピックで来日客を東京諸島に案内するなど、世界に発信すべきです。

↑トップへ