(夏休み宿題参考) 日本人は何処から、先ず祖代の始まりを知ろう!

カテゴリー: 最新情報

古いことでよく分からないからと、何故か教えない重要なこの国の始まり。祖代に祖人が列島に拡がって行ったその始まり時代が分からねば、その後の歴史をまともにプロットできません。静岡・三ケ日祖人骨は、はっきり切れ目なく縄文人への繋がりを示しています。世界現生人類史の議論に周回遅れであり、今注目される日本列島ルートの状況提供にピッタリ貢献していない現状なのです。

そのくせに一方では、原始時代・人だの、この国は東部ユーラシア外れの行き止まりの吹き溜まりだのと誤解を招いているのを放置している酷さです。先ず重要な事は、当時の環境認識であり、考古学界が認識する始まりである約4万年前は氷河期、①気温が数度低かったために海水面が約80m低下していました。②図がボケていますが相応しく、気温と海水面も今と違って揺れ動いていましたので幅があったのです。それでも、北東亜平野、山地、曙海の多島の沿岸、日本海側に大雪は降らず、沖縄には慶良間ギャップがあり、黒潮は今と違って四国沖で太平洋に抜けていました。注目は北京近郊の「田園洞人」で、この時代の古人骨で、西ユーラシア人とは全く違う東方人、更に狩猟族ではない淡水魚食の海民子孫だったのです。曙海沿岸から内陸へ河川を遡行して行ったのでしょう(人類史で内陸移動図があるが、河川遡行で上流の内陸に遺跡を残した可能性を考慮すべき。それらを連ねた内陸移住ルートは誤り)。朝鮮半島から来た、大陸西方の内陸から来たというのは誤りで、海民であったことが大変重要です。実は現生人類は、南方で90kmの海を越えて豪州に移住していると理解されているのです。③日本史の始まりは、1万件超えの旧石器遺跡が示す北上史(沖縄へは南下)であり、巷間本の3方向渡来図は、異なる時代を重ねた全くの誤りと言っていい内外に誤解を与えるものです。明治先達・坪井正五郎のアイヌ以前の列島先住コロボックル石器人観の方が、よほどましなのです。

この巷間本の誤解が長い間続いていましたが、➃アメリカ先住民のDNA分析と、考古学的なフネによる北米北西岸進入説ではっきり人類史の日本列島ルートが注目されています。そして、重要な事は⑤家族が西水道の約40km、最終氷河期の最も短い場合でも16kmをフネ(筏)で渡海したことが極めて重要です。鉄器の無い時代にフネを造るのは知力を要し、何より今より大切にされた知識経験豊富でお産に重要な祖父祖母を伴ったと思われますから、外洋の気象海象をよく理解し1日がかりで渡海する知力は原始人ではないそれなりでした。望見された対馬はもとより、その先の壱岐から五島・出雲に拡がる長大な陸地は魅力でしたでしょう。無論、祖人の発言も記録もフネも残っていませんが、九州の祖代遺跡、実はこの後の沖縄や伊豆諸島・神津島への海越えの痕跡で、十分に海民祖人の仮説足り得るものなのです。そして、それらが北海道発の千島列島、樺太への北上継続を後押しするのです。ともかくこの状況を子供や世界に発信し、貢献を。更なる研究を促すべきです。

↑トップへ