始まりの「祖代」―旧石器時代の歴史教育は、周回遅れ!

カテゴリー: 最新情報

左図わが国の歴史の始まり時代の「祖代」、つまり縄文の前の教育は問題です。まずは名前が旧石器時代なら世界では250万年前から、後期旧石器時代と呼んでも始まりの約4万年前からと理解する世界の学者はいないでしょう。始まり時代の「祖人」Proto-Japaneseも、旧石器時代人を英語にしても通用しません。これらの用語の不確かな事が、その時代は「よく分からない」、「原始時代」という誤りに基く簡単な扱いに繋がっています。

始まり時代前期でも 500件を超える 遺跡は世界でも断トツで、「いつ」・「誰が」・「どのように」を、小学生高学年レベルで十分に理解できる誇らしいモノなのです。38,000年前から黒耀石を求めて伊豆の海20km以上を行き来した、その造舟、操舟、工具作り、採集した石の交易、「おそらく専門家集団」の成立などの社会性を見ても原始などではありません。関東・甲信越の賑わいは今を彷彿させ、沖縄・静岡の人骨などで、実証性も十分です。特に右図アメリカのニューメキシコで2.3万年前の子供の足跡が発見され、ベーリング地峡南岸から北太平洋沿岸の食豊かな「昆布ハイウェイ・Kelp Highway」ルートと考えられる「誰が」「どこから」入って来たのかは世界の論議です。発見された時代は、最終氷期最寒期LGMであり、一般にそれまで考えられてきたシベリア狩猟族は、東部で行動できませんでしたし、それでは寒さがやや緩和されていたもっと前の時代(3万年前頃)としても、遺跡数・沿岸進入の条件などを考えれば、北海道祖人は有力候補(図の青点線ルート)なのですが、よく教えられもせず、世界にしっかり発信されてもいないのです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8d0adcb8219121f9bca2a4b24a5d8fc1.jpg

問題は左図2.明治時代のお雇い欧米学者などに端を発する、無縁なアイヌ(鎌倉時代からー北海道大学DNA分析)がこの時代に関する世界の議論に登場する大きな誤解があります。今もって彼ら白人系コーカソイドと類縁と言う誤解もまかり通っているのです。また、北からマンモス・ハンターなど来ず、北海道史は遺跡が示すように、青森から狭くなっていた津軽海峡を越えて始まったという当たり前のことが歪められている周回遅れの現状なのです。この時代を教育する多くのyoutube動画も酷いモノばかりで、原始の誤解を拡散している大きな問題(正しても削除される)です。膨大なウポポイ予算を、意義ある祖代・祖人・「最初のアメリカ人」関りなど重要な始まり時代の問題の国際共同研究・貴重な遺跡遺物の保護に振り向けましょう。

↑トップへ