それ誤りです、日本人のルーツ、成り立ち

カテゴリー: 最新情報

天下のHarvard日本人論が、最新版で「縄文人のルーツは?」を削除しました。そりゃそうです、2代目のルーツは、親である初・先代の「日本祖人」に決まっています。問題は、①成り立ちです。本や博物館が、出アフリカ後の痕跡が定かでないA、B、Cの3方向からの混じり合い図を描いてますが、時代を変えて書き添えたところで、誤りです。下図赤線Jaのように南方から「日本祖人」が「曙海」-北部九州ルートで北上して行った、約2万年に及ぶ旧石器遺跡が示す一方向性、同様性が特色です。

日本祖代、日本祖人、曙海、北東ア平野といった時代の用語なしには理解できません。そして、②「日本祖代」の長い積み重ねが大変重要なのです。2万年前頃に北、西から文化・人が渡来していますが、人は一部の出戻り含む大陸人によるあくまで渡来(アイヌは、ずっと後の鎌倉時代以降)です。この約4万年前からの古い積み重ねの特色が、周辺に同じ種族が見つからない理由なのです。「曙海」から始まった、北海道・大本州・南西諸島の同様性こそ注目すべきであり、今や「最初のアメリカ人」候補でもあるのです。

↑トップへ