重大な誤解,世界に振りまかれ放置!

カテゴリー: 最新情報

世界人類展開史の最後の謎である「最初のアメリカ人」問題は、これ迄の「氷河期に海水面が低下したベーリング地峡からマンモスを追ってシベリアからアメリカ新大陸にやって来た」という旧説から、「北太平洋沿岸から昆布ハイウェイを舟でやって来た」という新定説が注目を集め、前回報告のように活発な議論が起きています。しかし、欧米では、日本側の発信が無い弱い誤っているためか、図のように、根拠のないルートが描かれ、1万件を超える遺跡で裏付けられた日本列島ルートが無視され、或いは鎌倉時代頃からのアイヌが、政治介入の「先住」が付されたために、万年の先人の祖先であるかのように扱われている例すら見られます。

原因の一つは、日本列島史始まり「日本祖代」の祖先である「日本祖人」の用語が教科書に無いことでしょう。

世界に合わせ追いつこうと、旧石器時代 ・後期の人々 などと分り難い事を説明せざるを得ないことが一因でしょう。どんなグローバル大企業でも、小さな商店であった創業の時代を全社員は見つめます。日本史は、余りに創業時代を軽視していますので、世界の誤解のみならず、子供達にもしっかり継承されていません。「吾輩は猫である、名前は未だ無い」って、大事な日本史祖先に対し、何をやっているのかと漱石先生が怒っています。 スペシャル番組も無く、チコちゃんにも叱られます。

↑トップへ