「日本祖代・祖人」を教えない、もはや罪です!

カテゴリー: 最新情報

米国のトランプさんが直接的な祖先を考えても図左400年前ですが、私たちの始まり時代は島国のお蔭で、図の1.ゼロが二けた違う民で、かつ、1万件以上の遺跡遺物に裏付けられた世界史上の「金メダル」と言っていい事が多くあります。

「日本祖代」には、図の2.外洋を舟で行き来し、3.その舟を造るためなどに石器をただ割りかいただけでなく磨いてよく切れるようにし、6.釣り針も使っていた優れた海の民系であることが分かります。そして4.陥し穴猟が出来る知力を有し、豊富な遺跡で5.降雪厳寒の北海道に適応したことも分っており、やがて氷河期が終わる温暖化の時期に生活を大きく変えた7.調理・保管等のための土器を生み出しています。まあ、図右—左下の芸術・精神性部門の「洞窟手型・壁画」のようなモノは見つかっていませんが、その暮らしぶりは驚くべき事なのです。そもそもあんな時代に、舟で家族が40kmという距離を「曙海」を越えて北部九州にやって来た知力・気力が、「金メダル」素材の人たちだったという事でしょう。そして、何よりも 16,000年以前の 「最初のアメリカ人」の可能性があり、今、世界学界の注目です。北海道から昆布ハイウェイKelp Highwayを行って、アメリカ先住民Nativeインディアンの祖先になった事が考えられています(鎌倉時代アイヌは、全く論外で誤解の元、悪印象操作 )。もはや子供たちに日本史の始まり時代を教えないのは、罪なことです。

↑トップへ