トランプさん、「最初のアメリカ人」は「日本祖人」かも!

カテゴリー: 最新情報

おそらくトランプさんはご存知ないでしょうが、学界では、16,000年以前に「昆布ハイウェイ」Kelp Highwayから舟で、ベーリング地峡沿岸からアメリカ新大陸に入って来て最初の米人になったと考えられています。そして、3万年前には北海道に達していた海の民系の「日本祖人」が、米先住民インディアンの祖先の有力候補と考えられています(縄文人は登場が遅く、鎌倉時代からのアイヌは論外)。先日、礼文島の縄文女性のDNA分析がなされ、耳垢が湿っているということで、南方の曙海からの海の民系であるとみられます。

この事について、遥か大昔に【縄文人】が【大陸】から分かれて来ただのと言うトンデモ無い事を言う学者さんがいます。縄文人は2代目で、列島生まれの列島育ちであって驚きの妄説ですし、大陸と言うよりも南方沿岸伝いから海を舟・筏で越えて九州に渡って来た人達の子孫ですので、大陸人とは違う種族であり、大陸の奥に出アフリカ後に辿って来て日本列島に達 し「日本祖人」に成る 現生人類・新人の痕跡も有りません。極めつけは、世界に誇り得る豊かな歴史の「日本祖代・祖人」という上図の概念認識が無いために、縄文人が大陸に登場し、38,000年前頃に大陸人と分れて来たというトンデモ話になっています。まあ、大陸人が祖先であると言いたげなイデオオロギー史観と呼びたい説を展開しています。こんな状況では、トランプさんが知らないのもやむをえませんが、子供たちに対する罪です。

↑トップへ