(注目の北海道史) 先生、問題は祖人の物か、2代目縄文人の物かです!

カテゴリー: 最新情報

今、世界が注目の①北海道・ゲイトウェイの道東・十勝帯広で、宝物の黒耀石がザクザク出土して騒ぎです。勿論、熊や北キツネやアイヌ(鎌倉時代から)や大陸のマンモスハンター(このような石器では毛と厚い皮膚のマンモスはハントできないことが米国の実験考古学で結論、何より温暖化した北海道の1万数千年前にはマンモス時代は終わってます)が使ったものではアリマセン(北海道701所の旧石器遺跡の分析から)。青森から北上した北海道祖人Proto-Japanese Hokkaidoか、その子孫である2代目の縄文人の使ったものです。

それが、②十勝三俣か(置戸か、白滝か、仮に赤井川の物ならびっくり!)もさることながら、祖人の物か、縄文人の物かが問題なのです。つまり学界は、縄文時代がいつからかのA(土器出現の16,500年前~),B(土器出現で暮らしぶりがはっきり変わった1.5万年前~),C(定着し土器、弓矢が列島に拡がりはっきりと変わった1.3万年前~)説を決着させていないために、そして、祖代の人骨が酸性土壌の北海道ではまず見つからないことから、はっきりしていないからと子供に教えていないことが大問題なのです。③今、2.3万年前の足跡が米ニューメキシコで発見されて米大陸先住民史は数千年さかのぼり、北太平洋沿岸から舟で入って来て拡がった第1フェーズの人々が誰かが問題であり、出発地ゲイトウェイ候補の道東は注目なのです。よく分からっていないからと発信されず教えられていないことが問題です。縄文時代の始まりにはA,B,Cの諸説があること、北海道・道東の祖人は世界注目の候補であることを子供に教えましょう。3.5万年前後から百年記念塔まで、注目の北海道の正しい歴史を子供に、世界に、です。

↑トップへ