(東京・札幌五輪)  縄文Jomonの前は、日本祖人・祖代!

カテゴリー: 最新情報

オリンピックが来るのに、第1図万年前の石器が北海道と米西海岸の物が似ている事、第2図最初のアメリカ人は、沿岸・赤色の昆布ハイウェイから1.7万年以前にフネで入って来たという新説(米国学者の7割支持)が、日本では教科書に載ってなく巷間本もなくSNSですら殆ど語られない理由の大きな一つは、説明し論ずる適切な用語が無いからです。

吾輩は猫である、名前はまだ無いなのです。世界に通用するのは、1.Proto-Japanese 日本祖人です、そして日本祖代。各地で発見された人骨は地名を付せばいいのです。 2.原人は、 明治時代に言った人もいましたが、ジャワ原人が発見されてますしダメ。 一般に3.旧石器時代が言われますが、実は世界では200万年前くらいから始まりますので不適で、後期を付しても欧米、アジア、日本でイメージに差があります。 5.先土器・無土器も始まりの前が青天井で不適です。6.岩宿人は、日本の旧石器時代の発見に繋がった由緒ある地名ですが、沖縄から米新大陸までを視野の国際時代にはちょっとムリです。7.ヤポネシア人は国際的ですが、何処の人?という質問に説明が必要ですし、南方のどこかかなという誤解の恐れも。さて、将来的に仮に日本で最古の遺物の石器・人骨として、旧人ネアンデルタール・デニソワ人のモノが見つかったとしても、直接祖先ではないですから騒ぎ過ぎないようにしましょう。まあ、サルとヒトの中間で、はっきり違いますから。

何とか、現在世界で知られるJomonくらいに、Sojin、Sodaiで通ずるようにしたいものです。そして、世界にかなり誤解がある鎌倉時代からのAinuとは全く違うモノであることを、はっきりさせて正しましょう。なお、これで分かるように、「縄文Jomonはどこから」という問いは愚問で成立しません。2代目は、日本列島からに決まっています。

↑トップへ