(日本人どこからどこへ) 先生びっくり第2弾、ラオス~礼文島、石垣島―米ピマ族!

カテゴリー: 最新情報

図左甲で南ルートの8000年前のラオス古人(最古6万年前)と愛知・伊川津縄文人DNAが近縁で、しかも祖人初期とみられる古さであることが驚きでしたが、なんと長崎、佐賀、千葉のみならず礼文島縄文人とも特筆すべき近縁という驚きです。

北海道礼文島・船泊縄文人DNAとの古さの近縁は、始まりの北部九州からの日本海ルートにしろ、太平洋(瀬戸内)側―道東ルートの北上にしろ、祖代から縄文時代への祖人の2万年の列島拡がりを考えれば、有りうべきことではあります。そして、礼文島縄文人が東南アジア・南方系であることが万年保たれたものであることも巷間の誤解を解く重要なものです。更に図右乙、近年の発掘で多数(20)の人骨が発見された27000年前の石垣島祖人(Proto-Japanese Ishigakijima)は、海民特有の外耳道骨腫の痕跡があり、母系ミトコンドリアB4eが確認されており、現代日本人に繋がるのみならず、前々回説明のアメリカ南西部の先住民ピマ族と希少類縁(英オックスフォード大 Stephen Oppenheimer)である事も驚きで、「最初のアメリカ人」問題で注目されます。これらのことは現生人類移住史における日本列島北上ル―ト関わり説を支持するものと考えられます。子供に教え世界に発信、国際共同研究により世界人類史に貢献するのみならず日本人祖先の解明のために、人と予算を充当し更に深堀りすべきものです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d70236fdb074613c44a40499422680c.jpg

↑トップへ