日本祖代、専門研究者が分かっていない。

カテゴリー: 最新情報

日本列島史の始まりは、約4万年前、「曙海」沿岸ルートで、3万年前には北海道にまで拡がり、アメリカへ渡って行ったか?、というものです。

専門の研究者でも日本の始まり理解に誤り(まさか、イデオロギー歪みじゃないですよね)があります。先ず、現生人類の出アフリカ後の日本列島に至るルートは、下図のA:(南方)から曙海畔、北東ア沿岸か、それともB: 内(大)陸かということです。ここでよく、日本へは「大陸から」と言う者がいますが、印象操作か誤りです。沿岸か内陸からかを言わねば意味がありません。言語的にも始まり時代の沿岸と内陸は種族が違います。日本は大陸ではなく「沿岸の民」(松本克己博士)です。その後、闘いに強い狩猟族である内陸の影響が強かったのは事実ですが。

上図で第2に、北海道から千島列島添いに、樺太方向からも「昆布ハイウェイ」沿いに、縄文時代以前の「日本祖代」に、アメリカ新大陸に渡って行った可能性があると世界が注目しているのに、「日本祖人」からの北海道3万年史を、専門家がしっかり語りません。 アイヌに都合悪い忖度ですか? 第3に、始まりを38,000年前と言う者がいます。恩馳島行き来が最古の痕跡ですのでそれを使っていて、一見厳密そうですがむしろ間違いであり、約4万年前と世界には言うべきです。対馬・北九州に渡来したその年に伊豆諸島まで「日本祖人」が拡がったとはとても思えません。 北海道は3万年前で大数把握の時代なのです。 第4に、世界注目の縄の紋の土器と革命的な道具の弓矢が定着した縄文時代(1万5千、1万3千年前説)を、日本の始まりにまで勝手にデタラメに38,000年前からなどと延ばさないこと。いかに面子で在野研究者が言いだした「日本祖代・祖人」を使いたくないからと言って、世界が知る縄文Jomonを延ばして言うのは、全く無茶クチャです。第5に、誰をどれをサンプルにしたかで違うDNA分析では、特に人が移住した足跡ルートは分りません。勝手に移動したかのように線を引かないこと。大河・川から遡行した痕跡が上流に残っているものです。上流~上流移動はむしろ変です。第6に、日本史は始まりからして、海峡越え渡洋、造舟、操舟、物々交換、浜辺の暮らしなど『塩っけ』がありましたが、今は海の下で見つからない物事は、無かった訳でないことを認識することです。見つからないものを相手にしないのは、一見実証的で科学的なようですが、伝統文化・習俗を考察する場合は、むしろはっきり誤りです。

ともかく、此の基本図くらいは子供たちに教えましょうよ。

↑トップへ