衝撃のパリのテロとCOP21―Ajaran Wisnu dari dalam laut Bali

カテゴリー: 前線ルポ,最新情報,遺跡

前回は長い長い時を経て アジアの楽園Sundalandから、爽やかな新たな風が吹き始めたASEAN共同体の発足宣言をお伝えしました。

かってここでは、温暖化による海水面の上昇により万年往時の半島大陸地の過半が海に沈む人類史上の大悲劇に見舞われました。

Sundaland - Last Glacial Maximum_75%

(Dhani Irwantoの図から)

パリでのテロとCOP21は、奇しくも現代が抱える問題を象徴的に私たちに突き付けています。

インドネシアの国鳥ガルーダに乗られるヴィシュヌ神(毘紐天)ですが、人類史の百貨店であるここでは、あのバリ島の海岸プムテラン ビーチに眠られる悲しい神々のお姿も見られます。

 神鳥ガルダの上に乗るヴィシュヌ – Wikipedia

以下、Global Indian Brog, Just Duweさんからです。

Local call this new Scuba diving spot at Pemuteran Beach as “Underwater Temple Garden – Bali”

2

3

9

COP21が掛け声だけに終わりませぬように、人類に天罰が下りませぬように。

↑トップへ