イデオロギーで歪められる日本史を排す!

カテゴリー: 最新情報

下左図は、縄文文化の愛知・渥美・伊川津貝塚人のゲノムが、8,000年前の東南アジア人に類似であるという発表(米国科学ジャーナル2018.6)を日本メディアが英文記事にしたものですが、移住ルートは、赤太線を描くべきものです。そうすれば、右図の日本列島史の「日本祖人」の渡来拡がり図に合致し、理解し得るものです。ところが、驚きはその発表に全く無縁のよく見る①北から、②半島から、③沖縄からやって来た図が、青線で描かれています。「日本祖代」、縄文時代の基本となる右図がこの国の学界では無視されています。実は、これがアイヌ「先住」、沖縄や北海道独立などと言う歴史を歪める政治的主張・妄言となっているのです。そして陰湿な英語の歪曲記事が世界に撒き散らされて、国連UNなどに誤解を生んでいるのです。

↑トップへ